「スター・ウォーズ」シリーズで“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカー役を演じている俳優のマーク・ハミルが12月5日に来日。成田空港にはファン400人が集結し、一時騒然となった。

空港の到着出口には「スター・ウォーズ」シリーズに登場したキャラクターのコスチュームに身を包んだ人々や、ライトセーバーを掲げる人々、さらにR2-D2やC-3POといったドロイドになりきった人々がマーク・ハミルをお出迎え。14時半頃にマークが姿を現すと、待ちわびたファンからは歓喜の悲鳴が上がった。

マークは「実は高校生の頃には神奈川県に住んでいて、アメリカンスクールに通っていました。その後も日本には訪れたこともあり、そのたびに日本のファンはとても応援してくれるので非常に楽しい時間を過ごせています。日本に帰ってくる事ができて最高の気分です」と、フライトの疲れも見せず興奮気味にコメント。

熱烈な歓迎を受け、満面の笑みを見せながら到着ロビーを歩き、時間が許す限りファン1人1人と対話し、サインを書き、ファンとの2ショット写真や集合写真にも気軽に応じるなど熱心に“神対応”するレジェンドの姿に歓声が響いた。

さらに、ライトセーバーをはじめとする多様なスター・ウォーズグッズを持ち込んだファンや、スター・ウォーズキャラクターのコスプレに身を包んだファンたちと気さくに写真を撮る姿も。

そして「スター・ウォーズ」史上最大の“衝撃作”である最新作の内容についてコメントを求めると「それだけは今この場ではどうしても話せないことになっているんです」と回答。最後に日本中のファンに向けて「日本の熱心なファンに 会えて本当に嬉しいです。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を是非楽しみにしていてください。フォースと共にあらんことを」と、来日の喜びをサービス精神たっぷりに語った。

同便では、ダース・ベイダーの意志を継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバーも到着。アダムも日本のファン1人1人サインや写真撮影に丁寧に対応しつつ、最新作の内容には一切触れずに空港を後にした。

未だ謎が多く、「スター・ウォーズ」シリーズ最大の“衝撃作”とも噂される本作について主要キャストのマーク・ハミル、アダム・ドライバーは日本で何を語るのか? 無事に日本に帰還した2人は、同日来日したライアン・ジョンソン監督、キャスリーン・ケネディ(ルーカスフィルム社長)と、レッドカーペット・イベント/来日記者会見に参加する予定となっている。

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日、全国公開。