webサイト「ザテレビジョン」では、12月4日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。

【画像を見る】12月4日の“視聴熱”デイリーランキング・ドラマ部門で「おんな城主 直虎」が高ポイント!

■ 人物ランキング 乃木坂46が有線音楽優秀賞を受賞!

1位 とろサーモン/2位 嵐/3位 乃木坂46

乃木坂46…12月4日にTBS系で放送された「第50回日本有線大賞」にて、乃木坂46が有線音楽優秀賞を受賞した。ステージでは「インフルエンサー」を披露し、ファンを中心に盛り上げりをみせた。また、2月に発売された白石のソロ写真集「パスポート」が累計発行部数25万部を突破。11月24日に発売された堀の1st写真集「君らしさ」も好調な売り上げをみせるなど、ソロでの活躍も目立っている。

■ ドラマランキング こはぜ屋にさらなる試練! ラストには松岡修造が登場

1位 おんな城主 直虎/2位 陸王/3位 先に生まれただけの僕

陸王…12月3日の第7話は、アッパー素材の取引が白紙になったこはぜ屋では、「陸王」の製造停止の危機に。さらにシルクレイ製造機にもトラブルが発生。最大のピンチに立たされた宮沢(役所広司)は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。公式Twitterでは放送までのカウントダウン投稿で役所と松岡修造のオフショットがアップされて反響が。本編のラストで、こはぜ屋再生の鍵を握る人物としてついに登場した松岡に、次回への期待が高まっている。また、劇中歌として話題になっているLittle Glee Monsterの「Jupiter」が同日よりフルサイズ配信スタートした。

■ アニメランキング 「おそ松さん」が声優のアフレコ現場へ!

1位 宝石の国/2位 おそ松さん/3位 けものフレンズ

おそ松さん…12月4日放送の第10話は「アフレコ松さん」などを放送。「おそ松さん」のアフレコ現場を6人が見学に行くという設定の物語が描かれた。声優陣は衣ずれの音を出さないように全裸になる、気合いを入れるために全裸で謎の儀式を行う、童貞の6兄弟を演じるために声優陣も去勢する…など、実際にはあり得ないドタバタ模様が展開。ラストの「あんなクソみたいなオンエアの裏でこんなプロの仕事があったんですね!」というせりふに、視聴者からも「ねーよっ!(笑)」といったツッコミが。

■ バラエティーランキング M-1王者・とろサーモンが時の人に!

1位 M−1グランプリ2017/2位 関ジャム 完全燃SHOW/3位 めちゃ2イケてるッ!

M−1グランプリ2017…12月3日、テレビ朝日系で「M-1グランプリ2017」がオンエア。とろサーモンが漫才日本一に輝き、さっそく翌日から、「スッキリ」(日本テレビ系)など各局の生放送番組に出演。出場資格ラストイヤーでもぎ取った栄光だけに、決定直後「オー、ジーザス、ありがとう神よ!」と感謝のコメントをする久保田和靖だったが、ネット上では早くもクズエピソードが噴出、「クズキャラで売れそう」といった予想も飛び交っている。惜しくも1票差で2位となった和牛の水田信二は、一夜明けたマスコミ向けのイベントで「2年連続、いろんなところで敗因を聞かれるかと思うとしんどいです」と心境を語っている。

■ 熱トピ テレビ放送最後の日本有線大賞!

日本有線大賞…「第50回日本有線大賞」(TBS系)が12月4日に生放送され、氷川きよしが「男の絶唱」で大賞に輝いた。氷川は2003年の第36回に「白雲の城」で初めて大賞を受賞して以来、今回で歴代最多となる通算9回目の大賞獲得。「今年40歳になりましたので、またしっかり演歌を歌っていきます」と喜びを語った。なお日本有線大賞は、50回の節目を迎え、ことしでテレビ放送を終了することが発表されている。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位の順位や上記以外のワードに関する解説のほか、リアルタイムランキング、ウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。(ザテレビジョン)

12月4日の“視聴熱”デイリーランキング・人物部門では“M-1”王者に輝いたとろサーモンが1位に!