かつて浦和レッズで活躍し、現在は多方面での活躍が認知されている鈴木啓太氏が、スポーツチャンネル『DAZN』のアンバサダーに就任した。

 現役時代の輝かしいキャリアや起業家としての側面、サッカーに止まらない分野での活躍を評価され、『DAZN』の親善大使として明治安田生命Jリーグを中心に様々なスポーツの魅力を世の中に伝えていくという。

「元サッカー選手、Jリーグ出身の人間としてJリーグをアピールして行こうと思います。それだけでなく、『DAZN』がコンテンツとして持っているさまざまなスポーツの楽しさも、同時に宣伝していきたいですね。自分自身の経験も踏まえながら、みなさんにスポーツを届けたい」

 サッカーは「足」を使うスポーツだが、鈴木氏は「手」を使うスポーツにも興味があるようで「ラグビーなんかも面白いですね。経験したことないスポーツを、下手くそな僕がプレーすることによって、競技自体の楽しさを伝えられる」と、これまで手をつけていない分野に積極的に取り組みたいという。

 今季の明治安田生命J1リーグに話が及ぶと、「本当に楽しませてもらった」と笑顔で語った。「みんな、『なぜ川崎フロンターレは優勝できないんだ』って思っていたはずです。その中で、最終節に逆転優勝を決めたことはとても大きいことだなと。川崎らしい美しいゴールを何回も見させていただきました。『DAZN』から入る賞金でさらに強いチームに生まれ変わるかもしれません」。総額18億5000万円を獲得した川崎の移籍市場での動きにも興味を示した。

 また愛するクラブである浦和にも話が及んだ。「ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーに足りなかった部分を、堀孝史監督が埋めました。そのおかげで、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝できたんだと思います。でも、そのあとのリーグ戦で2試合とも負けてしまったので、まだまだ改善するところはあるかもしれませんね。さらなる上積みが大切だと思っています」

『DAZN』アンバサダーに就任した鈴木啓太氏