Googleがインド限定でサービスを開始した音によるペアリングでモバイル決済ができる「Tez」のアクティブユーザー数が、数日間以内に1,200万人を超える見込みであることが報じられています。

Google Tezとは?

ヒンディ語で”速い”の意味を持つGoogleの「Tez」には、オーディオQRと呼ばれる、人間の耳には聞こえない超音波の周波数でデバイス間のペアリングを行なうことができる機能が搭載されています。
 
オーディオQRを用いることで、Bluetoothに対応していないローエンドモデルでもスピーカーとマイクを使ってスマホ同士の送受金が可能になります。

ユーザー数1,200万人超え間近

5日、インドの首都ニューデリーで開催されたGoogle主催のイベントで、Googleの製品管理のヴァイスプレジデントを務めるシーザー・セングプタ氏は、Tezのアクティブユーザー数があと数日間以内に1,200万人を超える見込みであることを公表しました。
 
10月下旬にGoogleの最高経営責任者(CEO)のサンダー・ピチャイ氏がTezのサービス提供開始から5週間でユーザー数が750万人に到達したことを発表して以来、急激な速度でユーザー数が伸び続けていることがわかります。
 
サービス提供開始から1億4,000回の取引件数を超えたGoogle Tezは、平均取引金額も4倍に成長しており、信用が高まっていることが伺えます。
 
 
Source:Gadgets 360
(lexi)

音でペアリングを行なうモバイル決済Google Tez、1,200万ユーザーを突破間近