こんにちは。ママライターのあしださきです。

朝晩の冷え込みが日に日に厳しくなってきましたね。

未就学のお子さんを幼稚園、保育園に送る朝の風景にも変化が見られるようになってきたな、と実感しています。

ダウンコートを着込んで、自転車に座るお子さんは身を縮めて一様に寒そうな表情です。

それは送り迎えにお付き合いしなくてはならない下の兄弟も同様に。

皆さんは、冬場の自転車通園でお子さんにどんな防寒対策をしていますか?

●こんなことしていませんか?―間違いだらけの防寒対策

①フリースのひざ掛けをお子さんに巻きつけて、後ろを洗濯バサミで留める

②マフラーを子どもの首に巻いて後部座席に乗せる

③寒いからと1歳前後の赤ちゃんを前抱きし、後ろにもう1人子どもを乗せて運転

実はこれらの方法で防寒対策をしている方は非常に多いのではないかと思います。

「行き帰りの数分だから大丈夫」ではありません。

その危険性、本当に理解していますか?それでは1つずつ解説していきます。

●①ひざ掛けをお子さんの身体に巻きつけて、後ろを洗濯バサミで留める

実際に筆者が目撃した事案をご紹介します。

寒くて強風の日に園へ向かう途中、前を走っていた自転車の後部座席でお子さんがしきりに振り返って何かをしていました。

そのうち何かがお子さんの手から落ち、道路に転がるも、前を向いて強風に耐えながら運転していた母親は全く気がつきません。

落ちたのは洗濯バサミでした。

そのお子さんは必死で、ひざ掛けを留めていた洗濯バサミをつけ直そうと奮闘したが失敗してしまったようです。

すると今度は自転車からうしろに身を乗り出して落ちた場所を確認しようとし始めました。

その時車が自転車の横スレスレで追い越そうとしたので、身を乗り出した子どもの頭に自動車があわや接触 してしまうかとハラハラさせられました。

他にもお子さんがとんでもない格好で後部座席で寝ていたり、中にはシートベルトを自ら外して立ち上がっていたりするのも見たことがあります。

しかし母親は気がつかない。

なぜなら自分の前方ある危険を回避しなくてはなりませんし、自転車の運転に集中するのは当然のことだからです。そして、後部座席に注意が行き届かない のです。

●②マフラーを子どもの首に巻いて、後部座席に乗せる

後部座席に注意が行き届かない事が分かったら、マフラーについても危険性は同様です。

もしも母親が気づかずにマフラーが解けてしまい、垂れ下がった状態から自転車のタイヤに絡まったら……想像したくないような事故につながってしまうかもしれません。

フードの付いたコートの紐なども、走行中何かに引っかかる危険性 があるので、可能な限り外すようにしたいですね。

●③赤ちゃんを前抱っこした状態で後部座席にもう1人乗せて走行

赤ちゃんを前抱っこしたまま自転車に乗る危険性は、各々お分かりかと思います。

しかし冬場は、寒さから赤ちゃんを守ろうとしているママが多いのでしょう。とてもよく見かけるようになりました。

子ども乗せ自転車に乗せられる人数や細かい規定は都道府県の道路交通法施行細則によって異なります。

ちなみに私の住んでいる県では、

**********

・16歳以上の運転者が6歳未満の者を幼児用座席に乗車させている場合又は、運転者が4歳未満の者をひも等で確実に背負っている場合 2人

・運転者が、幼児二人同乗用自転車の幼児用座席に6歳未満の者2人を乗車させている場合又は、その幼児用座席に6歳未満の者1人を乗車させ、かつ、4歳未満の者1人をひも等で確実に背負っている場合 3人

**********

引用:埼玉県 道路交通法施行細則

この人数を超えて車両(ここでは自転車)を運転してはならない、という規定があります。

注目すべきは、「ひも等で確実に背負っている状態」であれば良いということです。(注・お住まいの都道府県の法施行細則の確認が必要)

前抱っこがダメな理由としては、「運転者の視界を妨げる」や「ペダルを漕ぐ脚の動きを妨げる」 と言われており、自転車を安全に走行させる事ができないためです。

個人的には万一転倒した時の赤ちゃんへの危険もかなりあると思っています。

もし寒さに弱い赤ちゃんが心配な場合は、おんぶ紐などで確実に背負ってその上にママコートなどを着るなどして防寒する事をおすすめします。

背負っている赤ちゃんをひざ掛けのようなもので覆い、おんぶ紐の肩ベルトに引っ掛けただけで運転するのは危険ですからやめましょう。

----------

いかがでしたか?

このような間違った防寒対策で危険と隣り合わせの登園をしませんよう、是非一度見直してみてくださいね。

●ライター/あしださき
●モデル/福永桃子
いつか大事故に?冬の自転車通園にはらむ危険性