2017年1月にスタートするテレビアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」に声優として永野愛理さん、安野希世乃さんが出演することが5日、明らかになった。小説投稿サイト「小説家になろう」から生まれたライトノベルが原作で、永野さんは無口で音楽好きなミサナリーア・ボルエナン(ミーア)、安野さんは生まれたばかりのゼロ歳児で無表情なナナをそれぞれ演じる。

 永野さんは「ミーア役を演じさせていただけることになり、心からうれしく思っています。この出会いに感謝し、皆さんに愛されるキャラクターになれたらいいなと思っています。キャラクターと同様、作品もたくさんの方に愛していただけるよう、全力で頑張ります。皆さん、ぜひよろしくお願いします」とコメント。

 安野さんは「デスマーチから始まる異世界狂想曲にて、No7・ナナ役を演じさせていただくことになりました! 今作のようなファンタジー作品、それもRPGのような冒険世界で役者の1人になれるとは、子どもの頃からの憧れの一つだったので、夢がかなってとてもうれしいです! 今からアフレコが楽しみです♪ すてきな作品づくりのお力になれるよう私も全力で演じますので、どうぞよろしくお願いいたします」とメッセージを寄せている。

 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」は、愛七ひろさん作、shriさんイラストのライトノベル。異世界に迷い込み、ひょんなことから最強の力と財宝を手にしてしまったサトゥーが、 女の子たちを助けたり、 おいしいものを食べるなど、ほのぼのと異世界観光を楽しむ……というストーリー。

 アニメは、「バカとテストと召喚獣」などの大沼心さんが監督を務め、「ブレイブウィッチーズ」「のんのんびより」などのSILVER LINK.が制作する。堀江瞬さんが主人公・サトゥーを演じるほか、声優として高橋李依さんや河野ひよりさん、奥野香耶さん、津田美波さん、悠木碧さんらが出演する。TOKYO MXほかで18年1月11日から順次放送される。

テレビアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」のビジュアル(C)愛七ひろ・shri・KADOKAWA カドカワBOOKS刊/デスマ製作委員会