ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・ドワンゴ取締役「今後はユーザーに向き合う運営に改める」
・多くのリプライが投稿される
・これらを受け止めて改善されるか?

栗田穣崇のTwitter

ドワンゴ取締役の栗田穣崇氏が自身のツイッターにて「今後はユーザーのみなさんに向き合う運営に改めていきたい」という投稿を行い反響を呼んでいる。

ツイートは5日に投稿されその全文は次の通り。

“ニコニコでは先日の発表会以降の反応を重く受けとめ、今後はユーザーのみなさんに向き合う運営に改めていきたいと思っています。そのためネット(Twitter、ブログ、動画)やカスタマーサポートへのご意見にできる限り目を通しておりますが、このツイートにレスの形でもご意見いただければ幸いです”

このように11月28日の発表会での多くの不満を受け止めており、ユーザーの要望と実際に発表された内容が合致しなかったことが波紋を呼んでいる。

このツイートには1449のリツイート、827のいいねが付けられ、数多くのリプライも投稿されている。その一部を紹介すると次のようなもの。

・ニコニコが新サービスを出すことが全く必要ないとは思いません
・ぜひ「ニコる」を復活させてください
・動画視聴のみであれば、会員登録なしでもできる様にしたらどうでしょうか
・余計な大型イベントは要らないし、無駄な機能追加も要らない
・要らない機能に使ってるリソースを全部動画鯖に回せ

という意見が挙がっている。これらの意見を運営は受け止めて本当に改善に向けてくれると期待したいところだ。