2017年のJリーグを締めくくる『2017 Jリーグアウォーズ』が5日に横浜アリーナにて開催され、各賞が発表された。

 受賞者、受賞クラブは以下の通り。

■最優秀選手賞
小林悠(川崎フロンターレ)

■ベストイレブン(優秀選手賞から選出)
▼GK
中村航輔(柏レイソル)34試合0得点/初受賞
▼DF
昌子源(鹿島アントラーズ)34試合1得点/2年連続2回目
西大伍(鹿島アントラーズ)30試合1得点/初受賞
エウシーニョ(川崎フロンターレ)21試合5得点/初受賞
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)34試合0得点/初受賞
▼MF
中村憲剛(川崎フロンターレ)32試合6得点/2年連続7回目
井手口陽介(ガンバ大阪)30試合4得点/初受賞
山口蛍(セレッソ大阪)32試合2得点/2013年以来2回目
▼FW
興梠慎三(浦和レッズ)33試合20得点/初受賞
小林悠(川崎フロンターレ)34試合23得点/2年連続2回目
杉本健勇(セレッソ大阪)34試合22得点/初受賞

■優秀選手賞
▼GK
曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)
中村航輔(柏レイソル)
カミンスキー(ジュビロ磐田)

▼DF
昌子源(鹿島アントラーズ)
西大伍(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
山本脩斗(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)
エウシーニョ(川崎フロンターレ)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
中澤佑二(横浜F・マリノス)
大井健太郎(ジュビロ磐田)
マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)

▼MF
金崎夢生(鹿島アントラーズ)
レオ・シルバ(鹿島アントラーズ)
レアンドロ(鹿島アントラーズ)
柏木陽介(浦和レッズ)
阿部浩之(川崎フロンターレ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
大島僚太(川崎フロンターレ)
中村憲剛(川崎フロンターレ)
中村俊輔(ジュビロ磐田)
井手口陽介(ガンバ大阪)
ソウザ(セレッソ大阪)
山口蛍(セレッソ大阪)

▼FW
興梠慎三(浦和レッズ)
ラファエル・シルバ(浦和レッズ)
伊東純也(柏レイソル)
クリスティアーノ(柏レイソル)
小林悠(川崎フロンターレ)
川又堅碁(ジュビロ磐田)
杉本健勇(セレッソ大阪)
ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖)

■得点王
小林悠(川崎フロンターレ)34試合23得点/初受賞

■ベストヤングプレーヤー賞
中山雄太(柏レイソル)30試合1得点/初受賞

■フェアプレー賞高円宮杯
サンフレッチェ広島

■フェアプレー賞(J1)
ベガルタ仙台
セレッソ大阪
FC東京
サガン鳥栖
川崎フロンターレ
ガンバ大阪
ジュビロ磐田

■フェアプレー賞(J2)
大分トリニータ
松本山雅FC
愛媛FC
東京ヴェルディ
ファジアーノ岡山
モンテディオ山形
ツエーゲン金沢

■フェアプレー賞(J3)
ブラウブリッツ秋田
アスルクラロ沼津
Y.S.C.C.横浜
セレッソ大阪U-23
グルージャ盛岡
AC長野パルセイロ
福島ユナイテッドFC

■フェアプレー個人賞
中澤佑二(横浜F・マリノス)
柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)

■優勝監督賞
鬼木達(川崎フロンターレ)

■優秀監督賞(J1)
尹晶煥(セレッソ大阪)

■優秀監督賞(J2)
曺貴裁(湘南ベルマーレ)

■功労選手賞
杉山弘一(ブラウブリッツ秋田)

■最優秀主審賞
西村雄一

■最優秀副審賞
相樂徹

■最優秀育成クラブ
FC東京

■最優秀ゴール賞
関根貴大(浦和レッズ/現インゴルシュタット)第17節・サンフレッチェ広島戦で記録

■功労選手賞
市川大祐(藤枝MYFC)
大島秀夫(ギラヴァンツ北九州)
※カッコ内は最終所属クラブ

Jリーグアウォーズが開催された [写真]=J.LEAGUE