『2017 Jリーグアウォーズ』が5日に横浜アリーナにて開催され、川崎フロンターレの小林悠が最優秀選手賞と得点王に輝いた。

 今季からキャプテンを務める小林は34試合23得点を記録。最終節の大宮アルディージャ戦ではハットトリックを記録し、川崎のJ1初優勝に大きく貢献した。

 小林は「プロになってからケガの多かった自分を支えてくれた奥さんに感謝の気持ちを伝えたいです。今年からキャプテンを任されて、最初のキャンプの時に『フロンターレを勝たせたい気持ちは誰にも負けないからついてきてほしい』と言いました。タイトルを獲れたのはみんなの力があったからだと思います。キャプテンマークを巻いて先頭を走ってきたから、このような賞をいただけたと思います。このような素晴らしい賞に恥じないように、これからもサッカーに取り組んでいきたいと思います」とコメントした。

今季のMVPに選ばれた川崎フロンターレFW小林悠 [写真]=兼子愼一郎