初参戦のJABAは首位、打撃では「大谷世代」の笹川が“3冠”

 台湾で行われているアジアウインターリーグは、そろそろ折り返し点に差し掛かろうとしている。現時点では、今年初参戦のJABA(日本野球連盟=日本社会人選抜)が健闘している。

 12月4日時点での順位表。KBO=韓国プロ野球、CPBL=台湾プロ野球、NPBE=イースタン選抜、NPBW=ウェスタン選抜 WBSC=米国&欧州混成

1. JABA 9試7勝1敗1分 .875 差- 打率.289 防御率1.46
2. KBO  9試6勝3敗0分 .667 差1.5 打率.253 防御率1.83
3. NPBE 8試4勝4敗0分 .500 差3.0 打率.255 防御率4.00
4. CPBL 8試3勝5敗0分 .375 差4.0 打率.242 防御率3.30
5. NPBW 9試3勝6敗0分 .333 差4.5 打率.204 防御率4.73
6. WBSC 9試2勝6敗1分 .250 差5.0 打率.247 防御率6.90

 JABAは、来年の「第18回アジア競技大会(ジャカルタ・バレンバン)」の野球競技へ向けた社会人日本代表チームの強化の一環として選抜チームを派遣している。社会人入社1~2年の若い選手が中心だが、ここまでKBOに1度負けただけという快進撃を続けている。昨年は1位、2位を占めたNPBのイースタン選抜、ウェスタン選抜は3位と5位だ。

【打撃10傑】

1笹川晃平(JABA)9試36打16安2本14点3盗 打率.444
2金永煥(KBO)8試29打11安0本5点1盗 打率.379
3地引雄貴(JABA)8試22打8安1本3点0盗 打率.364
4王威晨(CPBL)8試31打11安0本5点0盗 打率.355
4矢幡勇人(JABA)9試31打11安0本4点0盗 打率.355
6洪昌基(KBO)9試32打11安1本5点0盗 打率.344
7チャベス(WBSC)8試33打11安2本8点0盗 打率.333
7ルポ(WBSC)8試27打9安0本0点1盗 打率.333
9梁家榮(CPBL)8試25打8安0本5点0盗 打率.320
10ロセリ(WBSC)9試30打9安1本6点0盗 打率.300

 首位打者の笹川晃平は、大谷翔平、鈴木誠也らと同世代。東洋大から東京ガスに入社して1年目。笹川は本塁打が最多タイ、打点は断トツで1位。現在3冠王だ。NPBのイースタン、ウェスタン選抜は10傑には入っていない。12位にDeNAの佐野恵太が.280でつけている。

投手もJABA勢が奮闘、阪神の竹安も活躍

【投手10傑】

1朴峻杓(KBO)2試2勝0敗 15回1/3 防御率0.00
1キンボロウィク(WBSC)2試1勝0敗 10回 防御率0.00
1洪性民(KBO)2試1勝0敗 11回 防御率0.00
1荒西祐大(JABA)5試0勝0敗 9回 防御率0.00
5臼井浩 (JABA)3試2勝0敗 12回 防御率0.75
6ペジェファン(KBO)2試1勝0敗 11回 防御率0.82
7竹安大知(NPBW)2試0勝1敗 9回 防御率1.00
8黄子鵬(CPBL)2試1勝0敗 13回 防御率1.39
8岡野祐一郎(JABA)2試1勝0敗 13回 防御率1.39
10平尾奎太(JABA)3試1勝0敗 11回 防御率1.64

 日本勢では、ここでもJABAが4人ランクイン。荒西祐大は、玉名工業高からHonda熊本に進み、25歳とキャリア十分。この大会では中継ぎで活躍している。NPBウェスタンでは、阪神の竹安大知が好投している。

 昨年は力の差を見せつけたNPB勢だが、今季は昨年のオリックス吉田正尚のような、1軍バリバリの選手はほとんどいない。両軍ともに育成選手が多く、昨年より若手中心だ。

 とはいえ、プロ5チームを相手にしてのJABAの首位は、見事というべきだろう。ここでの活躍は自信につながるはずだ。日本社会人の活躍は、現地台湾でも話題になっている。

 同時に、NPB勢は、プロの意地を見せてここから盛り返してほしいものだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)

日本社会人選抜として台湾WLに参加している笹川晃平【写真:広尾晃】