チャンピオンズカップのゴールドドリーム、本当に強かったですね。月曜朝は一夜明けの取材に伺いました(記事はこちら)。この取材は毎度ながら、ほぼ決まって喜びの声を聴くことになるので、いつも心温まり、大好きな仕事であります。

 ただ、この一夜明け取材をしていて、いつも気になることがあります。それは、ゲートについていった担当者がレースをライブで見れない可能性があることです。今回、中京競馬場の移動のバスにはラジオしかついておらず、担当者は実際のレースの様子をライブで観戦できませんでした。移動するバスの中にいるのですから、物理的に無理があるのは承知しています。でも、せめてそのバスの中にモニターをつけてあげて欲しいものです。

 厩務員さんの担当馬は基本2頭なのですが、毎日毎日その2頭を中心に向き合って仕事しています。業務上もある程度レースの内容を把握しておくのが望ましいかと思いますし、バスにモニターをつけるだけなので…。なんとかならないものですかね。グリーンチャンネルweb経由だと若干タイミングが遅れてしまいますし、やっぱりモニターが望ましいのです。

 netkeiba.comさんの掲示板でもこのようなご意見を複数拝見しました。ぜひ、なんとかなって欲しいものです。

 さて、今週は日本では阪神ジュベナイルフィリーズ、香港では香港国際競走が行われます。それらに負けないくらい気になるのは、阪神のリゲルステークス! すごいメンバーが揃いましたね。サトノアーサーやファンディーナはクラシックこそ取れませんでしたが、有力候補としてGI戦線を賑わせてくれました。

 サトノアーサーを担当する田重田助手も菊花賞での見えない疲れを心配していましたが、大丈夫そうでしたよ。

「菊花賞ではあれだけの道悪を走ることになったので、肉体的にもですが精神的なダメージを心配しました。でも、短期放牧から戻ったあとも意欲的だし大丈夫そうです」

 一生に一度のクラシックということで、距離適性も完全には把握できていないこともあり、結果的に決して適性があるとはいえない距離を走ることになるケースも見受けられます。結果論ですが、サトノアーサーに3000mは長かったですね。

「来年、また重賞を走るためにも賞金を積んでおきたいです。距離はこのくらいのほうが走りやすいはずなので期待しています」

(取材・写真:花岡貴子)

菊花賞の疲れも問題なさそうというサトノアーサー(撮影:花岡貴子)