デス・スター型のカプセルを展開すると、中には超精密なプラモデルが……! 東京コミコンで先行販売されたバンダイのカプセルトイ「ガシャプラQ スター・ウォーズ」の発想がすごいとTwitter上で話題になっています。

【画像:細部まで再現されたミレニアム・ファルコン】

 この「ガシャプラQ スター・ウォーズ」は、デス・スターをモチーフにした球体型のプラモデル。「ガシャポンのカプセルそのものがプラモデルになっている」というのが特徴で、カプセルを分解すると、7層のランナー(プラモデルの枠)に分かれる仕組み。中にはミレニアム・ファルコンやタイ・ファイターといった機体のプラモデルパーツが入っています。さらにカプセル部分をふたたび組み立てれば、デス・スターがそのままプラモデルのディスプレイに。む、ムダがない……!

 「ガシャプラQ スター・ウォーズ」は「X ウイング・スターファイター」「Y ウイング・スターファイター」「ミレニアム・ファルコン」「タイ・ファイター」の全4種類が用意されています。12月中旬発売予定となっており、値段は1回500円(税込)。それにしても、どうやって型を作ったのかが気になるところ……!

デス・スターの中は、こちらになっております