漫画家の朝陽 昇さんがTwitterに投稿した、「急な出費により緊急入院したお財布」のイラストが話題になっています。なにこれ泣ける……。

【その他の画像】寒さで凍えそうな財布

 描かれたのは、病院のベッドの上に横になるお財布と、その側で涙ながらに「ごめんね……わたしどうしても欲しくて……」と謝る女の子。その言葉に「大丈夫だよ」「買えてよかったね」と返すお財布の優しさに心打たれます。

 お財布の身に何が起こったかの描写はないものの、持ち主の女の子との会話から、恐らく突然の物欲との事故などが原因でダメージを負ったのでしょう。点滴を打たれている薄くやせた体が心配ですが、月末辺りに回復するのを祈るしかなさそうです。自分のお財布もお見舞い行かないと……いつも無理させてごめんよ。

 Twitterではこの状況に共感する声が多く上がり、「私の子も重症で」「ほぼレシート入れになってます」「常に瀕死」「恒常的な寝たきり状態」など、さまざまなお財布事情が寄せられています。また中には「財布が優しい」「イケメン」といった声から「これからもっと大切にします」とお財布への愛を覚える人の声も。

 朝陽さんはこの反響にその後のお財布の病院でのワンシーンを投稿していて、点滴を受けながら看護婦さんに「退院したらね、美味しいもん食べさせてあげたいんですよ」と話す姿が。お財布さん優しい……けども同時に再入院しそうで心配になったり。

 そしてこれから始まるお財布には厳しいイベントラッシュに耐えられるかどうか。くれぐれも緊急入院させないように気をつけたいところです。

お財布さん優しい……!(画像提供:@asahinoboru888さん)