Googleが提供するGmailのiOSアプリが更新され、iPhone X対応となりました。アップデートでは、GmailがiPhone Xの画面全体に広がるようになっただけでなく、サードパーティーアカウントの使用も可能になりました。

次々とiPhone Xに対応するGoogleサービスのアプリ

GoogleサービスのアプリのiPhone Xへの対応は、11月3日のiPhone Xの発売開始から順調な経過をたどっています。
 
先月の終わりには、Googleのオフィス系アプリである、「Google ドキュメント・スライド・スプレッドシート」がiPhone X対応となり、iPadの新機能であるアプリ間をまたぐドラッグ & ドロップも使用可能になりました。
 
今月に入ってからは、「Google マップ」がiPhone Xの画面サイズをサポート開始するなど、着々とノッチ(切り欠き)部分への対応は進んでいます。

GmailもiPhone Xに対応

今回のアップデートでGmailがiPhone Xに対応し、「すべてがスクリーン。」のiPhone Xの画面の隅々まで余すこと無くGmailが広がるようになりました。
 
また、更新にはサードパーティーアカウントへの対応も含まれており、Apple iCloud、Microsoft Outlook、Yahoo Mailといったような他社製のEメールアカウントもGmailで使用することができるようになりました。
 
 
Source:The Verge
Photo:AppleInsider
(lexi)

GmailがiPhone Xに対応、サードパーティーアカウントも使用可能に