メイクやファッションなどの外見を磨くのは、楽しい毎日を過ごすためには大切なこと。しかし、肝心な内面磨きを怠るわけにはいけません。

他方、一見ごく普通の女性なのに、なぜか男性からやたらモテる女子って、皆さんのまわりにもいりませんか?実は、男性から真にモテる女子は、外見よりも内面を磨いていることも!

今回は、真にモテる女子が無意識に実践していることも多い“たった2つのこと”をお届けします!

■無意識1:褒め上手になってる


“褒め上手はモテ上手”という言葉があるように、男性のプライドをくすぐるように上手に褒めるのが上手だと、確実にモテにつながっています。彼女たちは、男性のファッションや持ち物などのセンス、ルックスや声などの個性、知識や人脈などの内面など、多角的に何度も褒めまくっているのが特徴です。

周りが「ちょっと大げさかな?」と感じるくらい過剰に褒めて、男性には、その大げさなくらいの褒め言葉が、心地よく響いちゃっているんですね。

「さすが○○さん、ワインにお詳しいですね!」
「○○さんに相談してよかった。頼りがいがありますね!」

人前で褒められることで、男性は自尊心を満たすことができるので、褒めてくれた女性に対して好印象を抱いちゃって、結果、モテてるのです。ちなみに、「さすが」「知らなかった!」「すごい」といった、いわゆるスーパー褒め言葉“さしすせそ”は、使い過ぎると効果が薄れ、信用度がガタ落ちする危険もありますのでご注意を!

■無意識2:言葉遣いがきれい


言葉遣いがきれいな女性は、男性から「きちんとしている」「育ちがいい」と思われ、“結婚に適する女性”と判断されやすい傾向に。

ですので、無意識にでも言葉が綺麗な女子は、やっぱりモテます。反対に、どんなに美人でおしゃれな女性でも、言葉遣いが汚いと、それだけで男性からの評価は一気に下がることが。

「ヤバい」「まじで」「ありえない」「ウケる」「超○○」

こんな風に友達とノリではしゃぐときのような言葉を発している女子は、真のモテ女子にはなりにくい面も。気をつけたいのは、話し言葉だけではなく、SNSでの言葉遣いも要注意な点です。

立派な社会人なのに、いつまでもひと昔前のギャル言葉のように「○○だょ」などの小文字表記や、「やばたん」「○○かよ」「クッソ○○」なんて品のない言葉を使っていたら、男性はドン引き。荒々しい言葉や年齢に似合わない子供っぽい話し方は、女子の魅力を台無しにしてしまいます。

男性は、褒められると自信と満足感が得られると同時に、その子がきれいな言葉遣いをしていると、いい意味で気になってしまって仕方がなくなるみたいです。たった2つの心がけだけで、今よりもさらにモテるようになるなら、お安い御用ですよね。みなさんもぜひ、実践してみてください。(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)

Young Asian lovely couple or college students look at each other in the garden or park, using laptop computer and smartphone, listening to music. Love, relationship, or relaxing casual lifestyle concept