[ロサンゼルス 30日 ロイター] - 米著名音楽プロデューサーのラッセル・シモンズ氏(60)が、ファッションブランドや番組制作などのビジネスから撤退することを明らかにした。女優・脚本家のジェニー・ルメットさんが、芸能雑誌ハリウッド・リポーターのコラムで、過去にシモンズ氏からセクハラ行為を受けたと明らかにしたため。

 映画監督の故シドニー・ルメット氏の娘であるジェニーさんは、1991年に、シモンズ氏のニューヨークの自宅アパートで性的関係を強要されたと訴えている。

 シモンズ氏はインスタグラムで「自分は暴力的だったことはないが、この数十年の間、配慮に欠け無神経だったことがあった。心から謝罪する」と述べた。

 シモンズ氏はデフ・ジャム・レコーディングスを共同設立したヒップホップ界の大物プロデューサーで、最も影響力を持つ起業家でもある。ファッションブランド「Phat Farm」「Tantris」のほか、「ナッティ・プロフェッサー」「Def Comedy Jam」など映画やテレビ番組を共同プロデュースしている。

 米ケーブルテレビ局HBOは30日、「Def Comedyは予定通り放映するが、ラッセル・シモンズの名前は削除し、登場することはない」と発表した。

11月30日、米著名音楽プロデューサーのラッセル・シモンズ氏(60、写真)が、ファッションブランドや番組制作などのビジネスから撤退することを明らかにした。女優・脚本家のジェニー・ルメットさんが過去にシモンズ氏からセクハラ行為を受けたと明らかにしたため。写真は2014年12月撮影 - (2017年 ロイター/Andrew Kelly)