「2017 Jリーグアウォーズ」でベストイレブンに選ばれたFW杉本健勇が、初受賞の喜びを語った。

「自分自身、想像を超えるシーズンになりました」

 明治安田生命J1リーグ最終節まで得点王争いに絡み、日本代表にも選出されるようになった。個人としてもチームとしても充実した1年だったという。「ファンとサポーターのために絶対タイトルを取りたいと思っていました。そこは果たせて良かったです。個人的にも得点王争いに絡めましたが、最後に賞を取れなかったってことは何か原因があると思います。その部分を突き詰め、しっかり来年に繋げられるように頑張りたいです」

 セレッソ大阪がリーグ戦3位になったことで、来季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を勝ち得た。前回ACLに出た時に、チームは「J2に降格」し苦い思いをした杉本は、「同じ轍を踏まないように頑張りたいですし、優勝に導けるような選手に成長したい」と、C大阪が未だ獲得できていないACL制覇を目標とし、自身のレベルアップも約束した。

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に出場する杉本は、クラブでの成功と栄誉を携え日本代表としてピッチに立つ。

来シーズンへの意気込みも語った杉本 [写真]=兼子愼一郎