中国でも近年は寿司や刺身などを食べる人が増えてきているが、もともと中国人は生食を嫌う傾向にあったため、日本人のように生で何かを食べることに嫌悪感を抱く人はまだまだ多い。

 中国メディアの今日頭条は3日、日本を訪れた中国人の見解として「初めて日本を訪れたが、日本人は本当になんでも生で食べる民族だった」と驚きを示す記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れる中国人が急増していることを紹介しつつ、中国人が日本滞在中に驚くのは「日本の生食文化」だと紹介。「日本人は食材をなんでも生で食べる」と誇張まじりに伝えているが、生食の習慣がない中国人からすれば卵や海産物を加熱せずに食べることが大きな驚きなのだろう。

 続けて、日本の衛生管理や食の安全は多くの中国人にとって羨望の対象であると伝える一方、日本人が卵や牡蠣を生で食べるのは厳格な「衛生管理」の賜物であると伝える一方、食べ慣れていない中国人からすれば「卵を生で食べることが気持ち悪く感じられる」と指摘した。

 さらに、日本を訪れた以上は「本場の日本料理を堪能したい」と考える中国人は多いものの、日本料理にはたくさん生ものが使われていて、食べるには「勇気がいる」と指摘。日本で生ものを食べても腹痛が起きることはないと思えても、実際に口に入れて飲み込むのはなかなか難しいことなのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本の食べ物なら安心だと分かっていても・・・「生ものは飲み込めない」=中国報道