元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな差押え財産は「4Kテレビ」です。

 税務調査により追徴税額が発生しても、税金を納めない人がいます。いわゆる「滞納」です。この滞納になった税金を回収するのが国税徴収官です。

 財産を差し押さえて滞納処分を行うほかにも、諸事情や態度を考慮して分割での納付を提案することもあります。たとえば、取引先からの支払いが遅れて資金繰りが切迫しているが、来月からは新しい取引先からの入金が帳簿でも確認でき、担保もある場合などは、分割での納付が認められやすくなります。

 ある徴収官が、勤務時間中に街中を歩いていると、以前から督促を続けている滞納者を見かけました。その滞納者は取引のないはずの銀行に入っていき、入金と出金を行っていました。いまだに差押えを行っていない理由としては、「廃業して収入がなくなったので税金は払えない」と頑なで、事業は経理担当者に譲り、事務所として所有していた不動産も経理担当者に譲渡し、預金もなかったためです。何度も自宅に臨場しましたが、「こんな収入のないところからではなく、もっとお金のあるところから取ってくださいよ」と開き直る始末でした。

 銀行を出てから後をつけると、経理担当者に譲渡した事務所の2階に入っていきました。翌日、事務所に出向くと、確かに経理担当者が経営権を持っているように見えます。しかし、昼過ぎに会社を出た経理担当者は滞納者と会い、なにやら叱責を受けているようでした。

 この時点で徴収官は、事業の譲渡は仮装されたものであり、売上の入金先を経理担当者の個人口座にしているだけで、実質の経営権は滞納者にあるのではないかと考えていました。つまり、滞納者は滞納処分を免れるために無職を装っている可能性があるのです。

 そこで、徴収官は徹底的に財産調査を行うことにしました。まず、居住地と行動パターンを確認します。滞納者は住民票を古いアパートに移しており、そこに住んでいるものと考えられていましたが、実は経理担当者に売却した事務所の2階に住んでいました。滞納者は、毎日午後になると銀行に行き、ATMで現金を降ろし、窓口で経理担当者名義の定期預金に入金していました。銀行に照会をかけると、預金額は1億5000万円にも上っていました。

●執念の捜索で差押え

 そもそも、なぜ滞納になったかというと、数年前に税務調査が行われ、売上除外を指摘したところ、修正申告に応じず、更正処分を受け、そのまま追徴税額の納税を行わなかったためです。ちなみに、更正処分とは、申告内容に誤りがあった場合に、国税側が納税額の決定を行うものです。通常は、納税者の自主的な修正申告を勧めますが、これに応じなかった場合は、更正処分が行われます。

 つまり、日常的に調査や納税に非協力的な人物であることがわかります。ここで、滞納処分をするに当たって徴収官は考えました。経理担当者の預金口座に入金されている金額が、滞納者のものであるとして滞納処分を行うには、事業譲渡そのものが偽装であることを証明しなければいけません。通帳やキャッシュカード、印鑑の管理者が誰であるかを確認し、不動産の売買代金の受け渡しも確認する必要があります。そこで、証拠書類保全のため、関係先に一斉に踏み込むことになりました。捜索日当日、徴収官は複数の班に別れて、滞納者の住んでいる家、すなわち事務所に踏み込みました。

 滞納者はお決まりの「令状はあるのか」と言いましたが、滞納処分に裁判所の令状は必要ありません。社長のカバンからは、経理担当者名義の通帳やキャッシュカードを見つけ、そのことについて経理担当者から聞き取りを行います。当初、通帳などは預けているだけだと主張しましたが、暗証番号を諳んじることができず、追求に観念して事実を話してくれました。

 口座は、滞納者に頼まれて開いたものであること、さらに経理担当者の自宅には、滞納者が作成した「税務署からの差押えを受けないために」という“あんちょこ”があること、不動産の移転登記や、売上の入出金フローを滞納者から指示されていることがわかりました。

 一方、滞納者は、銀行での入出金は経理担当者に頼まれてやっているだけだと主張しました。しかし、経理担当者の証言を伝えると、事業譲渡と不動産の売買が偽装であったことを認め、自宅に隠されていた現金2000万円のほか、絵画や薄型テレビなどの動産を差し押えることができたのです。
(文=さんきゅう倉田/元国税職員、お笑い芸人)

●さんきゅう倉田
 大学卒業後、国税専門官試験を受けて合格し国税庁職員として東京国税局に入庁。法人税の調査などを行った。退職後、NSC東京校に入学し、現在お笑い芸人として活躍中。

「Thinkstock」より