●最新のATOKは?
数あるIT業界系イベントのなかでも、師走の訪れを感じさせるのが、一太郎およびATOKの発表会である。ジャストシステムは2017年12月5日に、「一太郎2018」を2018年2月9日、「ATOK for Windows」を2018年2月1日から提供開始することを明らかにした。

お気付きかもしれないが、ATOKは、製品名にその年を示す数字がない。これはジャストシステムがATOKのパッケージ販売を「ATOK 2017」で継続しつつ、最新版は月額286円(税別)の「ATOK Passport [ベーシック]」、月額476円(税別)の「ATOK Passport [プレミアム]」に統一したからだ。

Windows・macOS・Androidデバイスを対象に、最大10台までATOKをインストールできるATOK Passportは、2013年2月に開始したサービス。多くのITサービスがサブスクリプション型へ移行するのに伴い、ATOKもパッケージビジネスを終了する。ジャストシステムは「短期間でディープコアエンジンを強化し、利用者に提供するためサブスクリプション形式を採用」(ジャストシステム CPS事業部 事業部長 田食雅行氏)したと説明。なお、法人向けとなる「ATOK Pro for Windows」「ATOK Medical for Windows」は、従来どおりライセンス契約を継続する。

少々分かりにくいのが、一太郎2018と最新版ATOKの関係性だ。ATOK Passportは新機能を随時公開し、年数回のアップデートを行っているが、一太郎2018は2018年2月時点で最新のATOKを搭載する。一太郎2018に含まれるATOKには、機能的なアップデートは提供されない(セキュリティアップデートは提供する予定)。つまり、最新版のATOKを使い続けるには、従来のとおり「一太郎最新版を買っていればOK」ではなく、ATOKに対する単独契約が必要となったのだ。

その最新版ATOKでは、「ATOKディープコレクト」という機能を搭載している。

これまでも、深層学習を利用した「ATOKディープコアエンジン」で文節区切りや同音語選択の間違いを正してきた。さらにキータイプミスなどによる誤変換を修正する機能も備えてきたが、最新版では入力ミスを自動修復するATOKディープコレクトで「入力ストレスを限りなく減らす」(ジャストシステム CPS事業部 開発部 エキスパート 下岡美由紀氏)ことに成功。ジャストシステムがATOKディープコレクトの有無で修復率を調査したところ、35%の向上を確認したという。

内部的には予測判断機能を利用し、タイプミスと判断した部分を検出した上で自動修正を行っている。もちろん不用な修正はキャンセルも可能だ。ATOKディープコレクトについては、「自身の入力がどれだけATOKに頼っているかを実感した。タイプミスはATOKに任せてほしい」(下岡氏)と自信を見せる。なお、本機能はWindows版を対象にしており、macOS版とAndroid版での実現は検討中とのことだ。

ベーシック版とプレミアム版の相違点だが、ベーシック版は入力文字数やタイプミスの傾向をローカル側で分析して可視化する「ATOKマンスリーレポート」、従来はWindows・macOSで登録した単語をAndroidが受け取るだけだったが、双方向同期を実現した「ATOKクラウドサービス」、ATOKをインストールしたデバイスのリストアップやダウンロード先へのナビゲーションを行う「ATOK My Passport」(ユーザーサイト)を提供する。

プレミアム版では、2018年1月に刊行する「広辞苑 第七版」の電子辞典を含めた計6冊のATOKクラウド辞典、8カ国語クラウド翻訳変換(Windows・macOS)、ATOKクラウド文章校正サービス、「ATOK for Android [Professional]」を含む。ATOK利用者であれば気になるであろう、専門用語辞書や自身が育ててきた独自辞書、電子辞典の扱いだが、サブスクリプション版でもそのまま利用可能だ。新環境でATOK Passportを利用する場合は別途インストールすればよい。

●出力を極める「一太郎2018」
ジャストシステムは、一太郎の根底をなすものを「顧客目標を達成するための身近なツール」(ジャストシステム CPS事業部 開発部 エキスパート 佐々木孝治氏)だと定義している。利用者やSNSなど多数のチャネルから情報収集し、顧客の利用シーンを細かく分析してきたが、最新版となる一太郎2018は利用者の大半が行う「出力」に注目して、関連機能の実装に注力した。

一太郎2018上で作成した文書を印刷することを前提に、中とじ本や折り本といった冊子作成や、印刷所への入稿方法をメニューから操作する「アウトプットナビ」を新たに搭載。用紙を折って中央を留める中とじ本や、1枚の用紙を折る・切る折り本は、小規模な範囲に配布する冊子作成に向いている。また、個人入稿可能な印刷所への入稿データ生成機能も備えるため、中規模で配布する冊子作成も可能だ。従来どおりPDF形式などの出力機能も備えており、利用者のゴールを出力と捉えた機能実装はいずれも興味深い。

出力品質にも多数の改善を加えている。例えば縦組みレイアウトでは、見開き両面印刷時の本文行位置、傍点や縦組み引用符も正しく印刷可能になった。メニューからイメージを選んで選択すると目次を生成する「目次ギャラリー」では、デザインを160点に増やしつつ、ページ番号の位置や縦横中・漢数字の位置を正しく表示可能にしている。

小説執筆向けには、閉じ鉤括弧を入力すると自動改行して自動的に字下げする「入力アシスト」を備えるなど、新規・改良機能の数は多い。ここまで来るとDTPアプリケーションのようだが、ジャストシステムが出力にこだわった結果は、印刷物に携わるすべての利用者に恩恵となるはずだ。

個人的には、頻出語チェックが可能になった文章校正機能に興味をひかれた。指定した文章範囲に現れる語句をチェックし、許容する品詞を選択・除外することで、日本語文章の品質向上を目指すという機能だ。ほかにも、擬音語・擬態語の指摘をほどよく抑制する機能改善が加わるなど、プロの執筆業はもちろん、ブログで長文を書く個人利用者の目をひく機能が多い。このあたりはレビューする機会があれば、追ってご報告したい。

一太郎2018の種類は、「一太郎2018」「一太郎2018 プレミアム」「一太郎2018 スーパープレミアム」の3エディションを用意するが、プレミアム版では、イワタ書体から厳選した8書体と「広辞苑第七版 for ATOK」を搭載。読み上げソフト「詠太8」は音声エンジンを刷新し、会話文と地の文を読み分ける機能に対応する。グラフィックソフト「花子2018」は、表現力を高める文字アートや表紙原稿作成機能をサポートし、Adobe Photoshop形式の出力にも対応した。

2年ぶりのバージョンアップとなるメールソフト「Shuriken 2018」は、メールの添付ファイルにインターネットからダウンロードしたファイルであることを示すZone IDを付与し、標的型攻撃メールのリスクを減らす。SHA-2やAESといった暗号化技術にも対応することで、S/MIMEのセキュリティも向上させている。また、高DPI表示への対応も図った。

スーパープレミアム版には、2008年から2017年まで刊行した10冊の国際年鑑を利用できる「ブリタニカ国際年鑑 一太郎2018版」と、美術館や博物館などの学術機関が保有する画像を300万点収録した「Britannica ImageQuest」の1年間利用権が付属。ジャストシステムは、「(ブリタニカ国際年鑑の)約6,700ページにおよぶデータは、テキスト形式でコピー&ペーストできるため、レポート作成などに活用してほしい」(佐々木氏)と述べ、スーパープレミアム版の利点をアピールした。

今回の発表会におけるトピックでは、最新版ATOKのサブスクリプション化が目立つ。最新版ATOK自体は目を見張る新機能は少なく、ATOKディープコレクトの効果も現時点で未知数だ。一方で一太郎2018は、本稿で取り上げきれない機能改善が加わった。ジャストシステムが一太郎2018のテーマに掲げた「出力」も功を奏している。ワープロソフト市場はMicrosoft Wordが席巻しているものの、一太郎2018が持つ独自の魅力と存在感は健在だ。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

画像提供:マイナビニュース