アメリカの非営利消費者組織が発行する専門誌「Consumer Reports(CR)」が、iPhone Xの最終的な評価を発表しました。同誌は総合点において、iPhone XをiPhone8/8 Plusより低く評価しています。

評価下げた最大理由はバッテリー持続時間

CRは落下実験を含む耐久性テストのほか、デザインやカメラ機能、バッテリー持続時間など、さまざまな角度からスマートフォンの機能を評価し、購入推奨リストを作成しています。CRによればiPhone Xは総合点でトップ10入りは果たしたものの、iPhone8、iPhone8 Plusよりも低い順位となりました。
 
評価を下げた最大の理由として、バッテリーの持ちの悪さが挙げられています。CRが消費者の平均的な使い方(インターネットを閲覧する、写真を撮る、ナビを使う、電話をかけるなど)をもとにプログラミングしたロボットを使い、ディスプレイを100%の明るさに設定して実験したところ、iPhone Xのバッテリー持続時間は19.5時間でした。
 
iPhone8の19時間、iPhone8 Plusの21時間とはほぼいい勝負となったものの、Samsung Galaxy S8、S8+の26時間と比べるとかなり短く、CRによればもっとバッテリーの持ちがいいスマホも存在します。

落下に弱いガラスボディ

iPhone Xのもう一つの短所として、耐久性が挙げられています。CRが連続して回転する機械で、繰り返し約2.5フィート(約76センチ)の高さから落下させる実験を行なったところ、3台のiPhone Xのうち2台は50回でディスプレイが表示しなくなりました。またもう1台は100回でひびだらけになったとのことです。
 
ただしCRによれば、落下に弱いのはiPhone Xだけではなく、同じくガラスボディのGalaxy S8、S8+でも同様の結果だった模様です。

10万円以上払うかは「個人の好み」

CRは一方で、iPhone初の搭載となった美しいベゼルレスの有機EL(OLED)ディスプレイ、優れたカメラ機能、顔認証Face IDについては高く評価しています。
 
iPhone Xの総合評価がiPhone8/8 Plusより低くなったのは、Face IDやベゼルレスディスプレイといったiPhone Xにしかない仕様や機能に、10万円以上を払う価値を見いだせるかどうか、という点のようです。これはあくまで個人の好みによる、とCRは述べています。

 
 
Source:Consumer Reports via MacRumors
(lunatic)

 
 

米専門誌、iPhone XをiPhone8/8 Plusより総合点で低く評価