バラエティー番組「恵比寿マスカッツ横丁!」(毎週水曜夜2:35-3:05テレビ東京ほか)に出演中の恵比寿マスカッツ 1.5メンバー全員インタビュー第23弾では、白石茉莉奈が登場。“白石あずき”企画の裏側にあった感動の母娘ストーリーや、新メンバー・みひろの驚きエピソード、そして今後の目標を語ってくれた。

【写真を見る】露わになった胸元がまぶしい! セクシー人妻・白石茉莉奈が登場

ーーこれまでの“第2世代”として活動してきた、2年間を振り返っていかがですか?

私たちは番組開始と同時に、ファーストシングル「TOKYOセクシーナイト」のレコーディングも済んでいて、メンバー同士で収録前から会う機会が多かったんですよ。

結成前は、それぞれグラビアやセクシー業界など、普段仕事しているジャンルが一人一人違うので、なじめるのかなってとっても不安だったんですけど、それぞれが恵比寿マスカッツというグループへの憧れがとても強くて、モチベーションの高い人たちと一緒に仕事ができるのはいい刺激だなと感じました。

けれど、最初の1年間は「私は本当にマスカッツの一員なのかな?」と思うことがよくあって…グループに貢献できている自信が無かったんですよ。自分の役割を見出だせなかったんですよね。

ーーそんな風に思われていたんですね…。

それでも、とにかく目の前のことを一生懸命やろうと取り組んでいたら、「平田食堂」や「かくした方がいいですか芸」「かまって柔道」といったチャンスが出てきて。今では、見ていた期間が逆に役に立っていたんだなと感じています。

早めに役割を任されていたら、自分が辛くなってたんじゃないかなと思うんです。マスカッツは出来る子の集まりなので、自分らしくグループの色に染まれたらいいなと考えていました。

私に対して、大人しいイメージがファンの皆さんにあったかもしれないですけど、グループの中にいながら悩んだし、もがいたし、そんな1年が続いていた中で、“白石あずき”企画との出会いがターニングポイントでしたね。

ーー“白石あずき”は人気企画の一つですし、マスカッツの白石さんといえばこのキャラクターですよね。

初めてリハーサルをした時、ものすごい縁を感じたんですよ。というのも、この企画のテーマソングがドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のオープニング曲だったんです。

実は私、母の影響であのドラマが大好きなんです。母は、私を水曜日に産んだんですけど、産んだ次の日に「どうしても家に帰りたい」って言ったらしくて。その理由が「家でゆっくり『渡鬼』が見たいから」って(笑)。

母は本当に翌日無理矢理帰ったらしいんですけど、そんな彼女のDNAを受け継いでいるので、母娘2代で「渡鬼」の大ファンなんです。

そんな母とは私がセクシー業界に入る時に反対されたことをきっかけに、ギクシャクするようになってしまったんですよね。仕事に対してその後理解はしてくれたんですけど、どこか違和感のある関係がずっと続いていて…。

そこでやっとあずきちゃんの話に繋がるのですが、テーマソングが「渡鬼」のオープニング曲になることを知った瞬間に、絶対に母に伝えなきゃって思ったんです。オンエアされたら、この企画を伝えようって。

そうしたら、母がたまたま白石あずき企画の初オンエアを見てくれていて、「あんた!」って言って連絡をくれたんです。母から歩み寄ってくれることってなかなか無かったので、すっごくうれしくて。

「かっぽう着も着て…あなたまるで泉ピン子みたいよ」って(笑)。本当に本当にうれしかったです。

ーーまさか母娘の感動エピソードがあったとは…!

「渡鬼」と縁があることをマッコイ(斉藤)さんに伝えてみたら、マッコイさんご自身も企画を思いついた時に、このテーマソングも一緒に、パッと降りてきたっておっしゃったんです。

だから、何か不思議な巡り合わせがあるのかも、と話しましたね。それから、母もマスカッツの活動をさらに応援してくれるようになりました。恵比寿リキッドルームでのライブも足を運んでくれて、母娘の距離が縮まった実感があります。

ーーマスカッツ連載23回目でこんなに感動するとは思いませんでした(号泣)。さて、冠バラエティー番組も開始から丸2年が経ちましたが、印象に残るエピソードはありますか?

初めて白石あずき企画に臨んだ時に、おぎやはぎさんが「白石上手いな」って言って下さったんです。うれしいし、自信になりました。

それと、MAXさんがスタジオに来て下さった回では、スーブー(小野美公)とゲッスー(吉澤友貴)と一緒にダンス対決をしたんですよ。その時もおぎやはぎさんが「白石上手い」っておっしゃってて…大人になってから褒められることってなかなか無いけど、やっぱり欲しいじゃないですか(笑)。

私に対してあまりダンスが得意な印象って無いと思うんですけど、実は人一倍踊ることが好きなんです。だから、一生懸命頑張っていたことを褒められて、続けていて良かったと思いましたし、もっともっと頑張ろうとも思える機会になりました。

ーー今後は恵比寿マスカッツ 1.5として活動していきます。

初めて1.5になると聞いた時は、初代マスカッツの力を借りないと何も出来ない現実を突きつけられたようで、正直ショックでした。けれど、みひろさんやPTAメンバーの皆さんがいて下さると、スタジオにいい緊張感があるんですよね。だから、先輩の背中を見ながら学びつつ、決して甘えないように、気を引き締めたいです。

みひろさんは本当にすごい方で、「涙カレー」企画の収録でもマッコイさんに「みひろは7秒で泣くよ」って言われたら、本番で6秒で泣いたんですよ。期待以上の結果を出す姿に、鳥肌が立ちました!

ーーすごい先輩が加入されましたね…。では、最後に白石さんの目標を教えて下さい!

ずっと憧れていた環境にいるんだな、と今やっと実感してきたところなので、もっと頑張りたいという気持ちはもちろん、小手先でたやすくこなしてしまうのではなく、謙虚な気持ちで初心を忘れず、グループに貢献していきたいと思います。

あずきちゃんとしては、もっとまんじゅうの紹介をしていきたいですね。まだ7都市くらいしか出来ていないので、めざせ残り40制覇ですね(笑)。だからもっと地方の皆さんにお会い出来るよう、グループの活動の幅を広げていきたいです!

■WEBサイト「ザテレビジョン」では、日本が誇るセクシー軍団・恵比寿マスカッツ 1.5の全員インタビューを毎週水曜掲載。最終回となる次回12月13日(水)はお待ちかねのリーダー・明日花キララが登場! 水曜は番組とともにインタビューもお楽しみに。(ザテレビジョン)

ザテレビジョン独占!毎週水曜深夜放送中「恵比寿マスカッツ横丁!」の全員連載