異性との性経験がない30歳以上の男女が繰り広げる、不器用なオトナの“学園ドラマ”「オトナ高校」(テレビ朝日系)がクランクアップを迎えた。

【写真を見る】「新しい芝居へチャレンジする勇気を育ててくれた3カ月間」と語る三浦春馬

最後の撮影に臨んだのは、イケすかないエリート童貞を憎めない演技で体現してきた主演・三浦春馬と、永遠のスペア処女・園部真希を演じた黒木メイサ。12月9日(土)放送の最終話中盤のクライマックスシーンで、撮影最終日を締めくくった。

そんな2人をねぎらうべく、エロ小悪魔教師・姫谷さくらを演じた松井愛莉も、サプライズで現場に登場。スタッフの中に紛れ込む松井の姿を見つけた三浦は「来てくれたんだ、ありがとう!!」と喜んだ。

クランクアップを迎え、三浦は「本っ当に楽しい現場で、3カ月があっという間に過ぎていきました。素晴らしいスタッフ、力を持ったキャストの皆さんが、新しい芝居へチャレンジする勇気を育ててくれた3カ月間でした。本っ当に感謝しています!!」と、すがすがしい笑顔であいさつ。

監督と二度も熱いハグを交わすなど、「オトナ高校」への愛を全身ににじませた。

また、黒木も「斬新な作品に関わることができて、本当にうれしかったです」とあいさつ。さらに「三浦春馬は本当に童貞なんじゃないか、と私は思っております(笑)。それくらいすてきな英人でした!」と最高の誉め言葉で三浦をたたえていた。

■ 最終話(12月9日放送)あらすじ

真希(黒木)と同居生活を始めた英人(三浦)。しかし肝心な一線を越える気配は皆無だった。そんな中、エロ小悪魔教師・さくら(松井)が英人のファーストキスを奪うという暴挙に出た。

さくらは「なんかムシャクシャしてたから」と言い放ち、英人の成長のなさを指摘。英人は悔しさから「もっと変わらなきゃいけない!」と奮起する。

その矢先、熱血教師・山田翔馬(竜星涼)は実績不足を理由に国家からクビを言い渡されてしまう。勘違い街道まっしぐらの英人は、藪から棒にリーダーに立候補。「翔馬先生の退任取りやめのために、全員で卒業しよう!」と熱弁を振るう。

すると、驚くべきことに全生徒が賛同するという“奇跡”が起こる。

しかし翔馬にはさらなる不幸が降りかかり、自暴自棄に。そんな中、突如さくらが失踪してしまう…。(ザテレビジョン)

クランクアップした三浦春馬と黒木メイサ(写真左から)