ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描く長編ストップモーションアニメ「犬ヶ島」が、2018年2月15日(現地時間)にドイツで開幕する第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品に決定した。コンペティション部門にもノミネートされている。

日本を舞台に、失踪した愛犬を探す少年と、犬たちの壮大な旅と冒険を描く。アンダーソン監督作品としては、14年に同映画祭のオープニングを飾り、審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞した「グランド・ブダペスト・ホテル」以来、4年ぶり2作品連続の選出。コンペティション部門への出品は4度目となる。

声優陣には豪華な顔ぶれがずらり。ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーベイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンドら、アンダーソン組の常連はもちろんのこと、「RADWIMPS」の野田洋次郎や夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙、野村訓市ら日本人キャストも多数参加。さらに、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュレイバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら、ビッグネームが集う。

黒澤明や宮崎駿ら映画界の巨匠だけでなく、日本のカルチャーへの敬意を公言しているアンダーソン監督が日本を舞台に描く物語。世界にどのように受け止められるか注目だ。ベルリン国際映画祭での上映にあわせ、キャスト・スタッフの渡航を調整中だという。

日本では2018年春の公開予定。第68回ベルリン国際映画祭は18年2月15~25日に開催。コンペティション部門の審査委員長はドイツの奇才トム・ティクバ(「ラン・ローラ・ラン」「パフューム ある人殺しの物語」)が務める。

日本が舞台!少年と犬たちの大冒険を描く