「結婚したい!」と焦るあまり、彼氏に結婚へのプレッシャーをかけるような言葉を言っちゃうことありませんか? 今回は、アラサー女子が注意すべき「婚期が遠のくNGワード」をピックアップ! 

1:「●●ちゃんたち、結婚するらしいよ」

彼氏と共通の友人が結婚をするとき、わざわざ彼氏に「●●ちゃんたち、結婚するらしいよ! いいなぁ」なんて言っていませんか? そして、その言葉の陰には「私たちの結婚はまだ?」という意味を込めていたりしませんか?

彼氏は「また結婚の話か……」と内心うんざりしているかも。あなたの「結婚したい」という願望を知っている彼氏なら、なおさらです。

男性は「早く結婚して!」と女性からプレッシャーをかけられるのを嫌う傾向があります。ささいな会話でも、チクチクと刺されているような気分に……。

結婚関連の話題を出しすぎていないか、自分の言動を振り返ってみましょう。

結婚したくて持ち出した会話なのに、反対に結婚を遠ざけるなんてイヤすぎます!

2:「もうアラサーだよ」

アラサー女性と真剣交際している男性は、「彼女との結婚をどうすべきか」を悩んでいます。

そんなとき、彼女のほうから「私、もうアラサーなんだよ! 結婚のこと、真剣に考えてよ……」なんていうプレッシャーをかけられると、重圧に耐えきれなくなってしまうかも。その結果、「結婚が考えられない」なんて言われて破局……という例も。

アラサーになり、周囲の人や、友人が次々に結婚していくと焦ってしまいますよね。「結婚する気があるのかどうか」「あるならいつごろを考えているのか」などはっきりと彼氏に決めて欲しい気持ちは痛いほど分かります!

でも、プレッシャーのかけすぎには注意。穏やかな雰囲気で、彼の本当の気持ちを聞き出す努力をしましょう。

そして、もし彼氏に結婚する気がまったくない場合、彼氏と今後のお付き合いを続けるのか、それとも別れて結婚願望のある男性を探すのか……。真剣に考えなければいけませんね。

3:「ハネムーンで●●行こうね!」

彼氏から具体的な結婚の話が出ていなくても、年代や付き合ってきた年数から「そろそろ結婚かな」なんて、勝手に決めつけてしまう女性もいますよね。

その結果、「ハネムーンでは●●に行こうね! 結婚式は地元でもやりたいな」なんて、プロポーズをされてもいないのに計画しだしてしまったり。逸(はや)る気持ちは分かりますが、言われた彼氏は内心びっくりしてしまいます。

ふたりの間で結婚の具体的な話がでるまでは、グッと我慢したほうが無難ですよ。

でも逆に、彼氏からそんな話題が出てきたら「結婚を考えてくれているサイン」だと思ってもいいかも! 具体的な話に、徐々にもっていきましょう。

【復縁特集】元カレを忘れられない…ヨリ戻す!?

彼氏にプレッシャーをかけるような発言をしていないか、振り返ってみてください。焦りすぎないようにしましょう!

その発言が結婚を遠ざける…!「ついつい彼氏に言っちゃう」NG結婚話3つ