【ニューヨーク時事】5日のニューヨーク外国為替市場では、米税制改革実現への期待などで円売り・ドル買いが優勢となり、円相場は1ドル=112円台後半に下落した。午後5時現在は112円52~62銭と、前日同時刻比15銭の円安・ドル高。

 対ユーロは1ユーロ=133円07~17銭と、25銭の円高・ユーロ安。