【元記事をASCII.jpで読む】

 フォッシルグループのMISFITが、スマートウォッチ「MISFIT Vapor(ヴェイパー)」(以下Vapor)の日本国内向け先行予約の受付を12月1日から開始した。発売は12月8日からだ。ブランド初のタッチディスプレーと心拍センサーを搭載し、OSはAndroid Wear 2.0。接続するスマートフォンはAndroid、iPhoneともに利用できる。公式サイトの直販価格で2万7864円となっている。

高コントラストなAMOLEDディスプレー採用

 ディスプレーは1.39インチ(326ピクセル)で、約35mmの真円タイプを採用。液晶ではなくAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)を採用しているが、自発光型が苦手と言われる屋外の明るい場所でチェックしたところ、輝度が高くシャープでかなり見やすいと感じた。またアクティビティログなどの文字も大きめなので、1.39インチサイズでも十分情報が読み取れる。CPUはSnapdragon Wear 2100でストレージは4GBとなっている。

50m防水でベルトの取り外しもカンタン

 日常使いのアクティブトラッカーとしてだけでなく、スポーツやフィットネス向けウェアラブルデバイスを手がけてきたMISFITということもあり、50m防水機能を装備。雨や汗といった水気だけでなく、プールなどの水中でも問題なし。ベルトも取り外し可能なボタン式になっているので、汗でべっとり汚れてもケースから外してそれぞれ丸洗いできるのがうれしい。

 ボタン類は本体右側面の電源ボタンのみ。ホームボタンとして利用でき、長押しでGoogleアシスタントが呼び出せるなと、Android Wear 2.0の仕様に準じた動作となっている。そのほか特定のアプリを呼び出すハードウェアボタンなどはないので、スッキリとしたシンプルなデザイン。あれこれボタンを設定したり操作を覚える必要がなく使いやすい。

ベゼル部分もタッチセンサーになっていて、なぞることでスクロールなどに使える

独自UI「バーチャルベゼル」で画面のスクロール

 物理ボタンはひとつだけだが、ディスプレーだけでなくベゼル周辺もタッチセンサー「バーチャルベゼル」になっていて、指でなぞることで画面のスクロール操作が可能。スクロールする距離が長い場合はディスプレーで操作すると何度もタッチ&スワイプをする必要があるが、ベゼル周辺のタッチなら、ぐるぐるとなぞって連続でスクロールできるので、素速く操作できる。

 特にウォーキングやランニングをしているときは、腕も動いてしまうため、画面をタッチして操作するよりも縁を触る方が操作しやすいというユーザーも多そう。ただし筆者はどちらかというと縁をなぞるより、ディスプレーを触ったほうが反応も良く操作しやすかったので、このあたりは好みの分れそうなところだ。

 スマートフォンとの連携は、Android WearアプリだけでなくMISFIT専用アプリにも対応。従来のMISFIT製品で使用するアプリと同じなので、すでにほかのMISFITデバイスを使用してデータを取っているユーザーは、新たにVaporを追加登録すれば引き続き同じアカウントでデータの蓄積ができるのはうれしい。

 スマートフォンから操作しなくても、プリインストールされている「Misfitアクティビティ」でウォーキングやジョギング、サイクリングといったトレーニングのトラッキングに対応。アプリを起動させて、「ウォーキング」、「ランニング」、「サイクリング」、「水泳」、「ハイキング」の5つからトレーニングの種類を選び、「開始」をタップすれば計測スタートする。

 計測中は移動距離やトレーニング時間、心拍数がチェックできるほか、スマートフォンと連携したコネクテッドGPS機能で地図と現在地の表示にも対応。旅行先などでトレーニングをする場合に便利だ。

 またMisfitアクティビティでは、音楽再生のコントロールにも対応。スマートフォンを取り出さなくても曲送りなどの操作ができるので、気に入った音楽を聴きながらウォーキングなどが楽しめる。

MISFIT初の心拍センサー内蔵モデル

 本体背面には心拍センサーはMisfitアクティビティでのトラッキング中以外にも、「Pulse」アプリでも計測可能。計測した数値はログとしてしっかりと残るので、日常の状態を計測しておきたいユーザーにもピッタリ。Vaporは使い始めれば日中は装着しっぱなしということになるので、手動でも手間はかからないものの、できれば定期的に脈拍を計測する機能があれば計測し忘れることもないので、機能追加を期待したいところだ。

 ちなみにWi-Fi機能も搭載しており、単体でWi-Fiのアクセスポイントに接続し、ファイルのダウンロードなどが可能。アクセスポイントのパスワード入力はスマートフォンから行うため、初回接続時にはスマートフォンが必要だが、いったん設定すればスマートフォンと連携が切れていても単体でインターネットに接続できるので、スマートフォンが手元になくてもアプリをストアからインストールしたり、フェイスをダウンロードといった作業もできる。スマートフォンのパケットを節約することもできるのでWi-Fiの搭載自体はうれしいポイントだ。

 充電は専用のケーブルを使用。ワイヤレスチャージではなく、接点をあわせる接触型の充電で、本体背面と充電アダプターの位置をしっかりと合わせて装着する必要がある。マグネット式なので一応本体と充電アダプターは張り付くものの、マグネットが意外と弱いのでちょっと本体やケーブルに衝撃を与えると外れてしまうこともあったので、充電には注意が必要だ。

 ほとんどアプリなどをインストールしてない状態で、深夜2時にフル充電にして装着。就寝を経て、翌日ウォーキング1回と心拍数計測2回を行ったところ、18時頃には約10%のバッテリー残量に。スペック上の連続使用時間は2日間だが、実際はギリギリ1日もつといった感じで、毎日充電が必要。最新のタッチディスプレーモデルと比べるとやや連続使用が短く、やはり心拍数の計測といった機能がスタミナに影響しているようだ。

 ただしVaporには睡眠時間を計測する機能がないので、充電は就寝時に行えばオーケー。睡眠のトラッキングをしたい場合は、ほかのMISFITデバイスを装着するなど工夫が必要といえる。

 ケースの厚さは約13.5mm。心拍センサーなどを装備しており、ベルト装着部分も背面に近いためやや厚みのある印象。ベルト装着時の重量は約67g。付属のベルトはシリコン素材で軽量なため、腕に装着するとケース部分に重みを感じるが、このあたりの装着感は好みが分かれそうだ。

 同梱物は充電用のケーブルのほか、専用のポーチも付属。ポーチに入れて持ち運び、普段は別の時計を装着して、トレーニングの時だけVaporを装着するといった使い方に便利。MISFITらしくスポーツのアクティビティトラッキングに比重を置いたスマートウォッチに仕上がっており、カラダを動かすのが好きなユーザーが選ぶなら候補の筆頭としてオススメできるスマートウォッチだ。



MISFIT Vapor初心拍センサー搭載スマートウォッチを発売前に試した!