パン職人としてのキャリアを捨て、富山市で昔ながらの豆腐屋さんを引き継いだ「とっぺ屋本舗」代表の高宮真琴さんは、大豆を丸ごと使った豆腐を製造販売している。先代が引退のため後継者を探していることを知り、一念発起。懐かしの町の豆腐屋さんを目指しており、ラッパを鳴らしながら軽トラで流し売りもしている。

できたたての豆腐を容器に入れる高宮真琴さん=富山市今泉のとっぺ屋本舗で、大川泰弘撮影