【元記事をASCII.jpで読む】

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第37回は、2017年11月リリースされたAcrobat DCの機能強化ポイントをチェックしてみる。

 Acrobat DCは常に開発が続けられており、3~4ヵ月ごとにアップデートされる。2017年も1月と4月、8月にアップデートされ、11月にも機能強化が施された。なかでも便利になった「電子サインの機能強化」を中心に、アップデート内容をチェックしてみよう。

電子サインの機能強化

 PDFファイルを送信し、Adobe Signを利用して署名をしてもらう機能がブラッシュアップされた。ランディングページがシンプルになり、わかりやすいガイドも出るので迷わず操作できるようになっている。

 上司や取引先にPDFをチェックしてもらう際、きちんとした履歴を残しておきたいときなどに活用できる。送信した文書の状態を確認する場合は、「ホーム」→「送信済み」から「署名用に送信した文書を管理」をクリックするとAdobe Signのウェブページが開けばいい。

PDF書き出し機能の強化

 ツールメニューから「PDFを書き出し」で行なう、PDFを任意の形式のファイルに書き出す機能が強化された。Wordへ変換する場合はテーブルや目次の検出機能が強化され、PowerPointへ変換する際は文字間隔やグラフラベル用のテキストボックスに関する問題が修正されている。また、メモリー不足によるエラーへの対処も施されている。

OCR用のUIをシンプルにした

 紙資料を撮影した写真を取り込み、OCR処理してテキスト化する際、従来の「テキストに変換」や「画像に変換」ボタンがなくなり、「テキストを認識」のチェックボックスだけになり、わかりやすくなった。ツールメニューの「PDFを編集」のパネルからアクセスできる。

ファイルの比較機能の拡張

 以前は、スキャンしたファイルを比較する場合、画像比較モードで実行されていたので、必ずしも正確な結果が出なかった。今回のアップデートで、スキャンしたファイルの場合、「選択した文書は、スキャンされたPDFであり、テキストは含まれていません。Acrobatでは、画像対画像の比較のみがおこなわれます」とメッセージが出るようになった。もちろん、OCR処理を行ない、テキストが付与されている場合は、比較の精度は向上する。

 ほかにも、以下のような多数の改良が施されている。大きな機能追加もよくあるので、リリース情報は定期的にチェックしておくといいだろう。

●電子メールの添付ファイルから開かれたPDFを保存
●アクセシビリティーの機能強化
●PDFを作成アドオンがFirefoxの最新バージョンに対応
●スキャントラブルシューティングの機能強化
●コメントリスト内のコンテンツをコピー
●プリフライトの機能強化
●PDF2.0のサポート
●Windows Terminal Serverでの名前付きユーザーのサポート

 ちなみに、機能追加のリリースで「対応バージョン:Acrobat DC Continuous」と表示されているが、「Continuous」というのはサブスクリプション契約をしている製品のことを指す。初期設定では、更新があると自動的にインストールされるので、ユーザーは特に気にする必要はない。起動すれば、最新機能を使えるようになっているはずだ。

Acrobat DCの機能強化ポイントをチェックしてみる