2018年2月上演が決定した舞台“もののふシリーズ”最新作にして、最終章「駆けはやぶさ ひと大和」のメインビジュアルと全キャストのソロカットが解禁された。

【写真】主演を務める花村想太ほか、ソロカット

 本作は、白虎隊の青春を描いた『もののふ白き虎』(2015年秋に上演)、新撰組なき後の斎藤一を主軸に描いた『瞑るおおかみ黒き鴨』(2016年秋に上演)に続く、時代を疾走する男たちの熱き生き様を描く舞台“もののふシリーズ”の最終章。5人組ダンス&4オクターブボーカルグループDa-iCEのボーカル・花村想太が初単独舞台主演で新撰組隊士・中島登役を務めるほか、花村自身が、本作のテーマソングの作詞を手掛け、更に歌唱することも決定している。

 その他、榎本武揚役に久保田秀敏、沖田総司役に山本涼介、市村鉄之助役に杉江大志、横倉甚五郎役に健人、伊藤博文役に近藤頌利(劇団Patch)、島田魁役に林田航平、桂小五郎役に歌舞伎俳優の中村亀鶴、前作の『瞑るおおかみ黒き鴨』で主役を務め、映画、舞台、テレビに活躍する青木玄徳が斎藤一役を続投し華を添える。また、土方歳三役には、俳優集団D-BOYSのメンバーで、俳優のみならずアーティストなど幅広い活動を躍進する荒木宏文が続投、新撰組局長・近藤勇役に映画、テレビ、舞台、ラジオ、CMとマルチに活躍する的場浩司ら豪華キャストが集結。作・演出は、これまでの“もののふシリーズ”同様、西田大輔が手がける。

 もののふシリーズ最終章「駆けはやぶさ ひと大和」は、東京公演が2018年2月8日(木)~18日(日)まで天王洲 銀河劇場にて、大阪公演が2月24日(土)、25日(日)に森ノ宮ピロティホールにて上演される。チケット一般発売は、12月24日(日)午前10時~受付開始。

<公演概要>
【タイトル】 もののふシリーズ最終章「駆けはやぶさ ひと大和」
【作・演出】 西田大輔
【出演】 花村想太/久保田秀敏 山本涼介 杉江大志 健人 近藤頌利 林田航平/中村亀鶴/青木玄徳 荒木宏文/的場浩司

【日時/場所】 
東京公演:2018年2月8日(木)~18日(日)天王洲 銀河劇場
大阪公演:2月24日(土)、25日(日)森ノ宮ピロティホール

【チケット】 一般発売 12月24日(日)午前10時~ 受付開始

【主催・製作】 東映/テレビ朝日/エイベックス・エンタテインメント
【大阪公演 主催】 キョードー大阪
【HP】 www.mononofu-stage.com    
【公式twitter】 @mononofu_St
もののふシリーズ最終章「駆けはやぶさ ひと大和」メインビジュアル