12月5日の「AKBINGO!」(日本テレビ系)では、「人気女性芸人 阿佐ヶ谷姉妹が三女を探しにやってきた!」が行われ、阿佐ヶ谷姉妹になりたくないメンバーによる暴露が行われた。

【写真を見る】“2万年に1人の美少女”AKB小栗有以が涙!

番組冒頭では向井地美音が「三女って言われても、私たち芸人になりたいわけじゃない」と不満を漏らすと、阿佐ヶ谷姉妹が「私たち阿佐ヶ谷姉妹の三女になっていただけると、まぁもちろん、このドレスはお貸ししますし、センターをとって頂けるように、真ん中をご用意してますので」と、三女になることのメリットを説明。

すると司会の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が、「AKBのセンター目指すつもりが、いつも間にかここ(阿佐ヶ谷姉妹)のセンター目指すことに」とボケる。

「三女にふさわしいと思うオンナ」のポイントは「その1 節約家なオンナ」と「その2 外面がいいオンナ」」、その理由は「節約してる人は顔に出る。しっかり者の顔になるから」と、「私たちにはタメ口でも仕事現場では印象良くしっかりと」。

そしてさらに「その3 図々しさも必要」が加わると、チーム8の岡部麟が、“2万年に1人の美少女”小栗有以(ゆい)を告発。

岡部が「私が買った雑誌をバッグの中に入れといたはずなのに、私もまだ読んで読んでないのに、有以が勝手にバッグから取り出して読んでたんですよ」と告白。

これに小栗は「ちゃんと理由があるんですけど、すごいその時期に気になってた本で、ついつい顔出してたんで(ヒョイと取る仕草)」と出来心で取って読んでしまったことを明かす。

村本からその時の対応を聞かれ、小栗は「あ、ごめんね」と言うと、岡部は「待って謝ってない。絶対謝ってない」と言い、村本が再現させる。すると岡部がジェスチャーで、そっと本を閉じて走って逃げる仕草を見せる。

この岡部に対し小栗は「(岡部は)嘘ついてます。でも絶対有以、ごめんなさいは言うって決めてるんです。ちっちゃい頃から」と反論。

2人の議論は平行線のままだったが、ここでいきなり小栗が涙を流し「これは、私が悪いのですみません」と謝罪。この場を収めた。

最後に阿佐ヶ谷姉妹から三女の発表があり、見事小栗有以が指名され三女に決定。早速お揃いのドレスを着て3人によるコラボネタを披露。無事やりきりコーナーを締めくくった。

次回の放送は12月12日(火)、「渡辺麻友 AKBINGO!ラスト出演! リクエストに体を張って応えまくる! まゆゆに最後のリクエスト大賞!」を予定。(ザテレビジョン)

AKB48 49thシングル「#好きなんだ」