昨今の筋トレ・ダイエットブームでジムに通っているという人も、きっと増えていることだろう。

とくに筋トレはカロリー制限以外にもたんぱく質や糖質、脂質をバランスよく摂取しなければならないのだが、会社勤めをしているとなかなか難しい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

そんな状況の中、松屋が『鶏ささみステーキ定食』を5日に発売。

鶏のささみといえば、あの伝説のボディビルダー・マッスル北村もシェイクにして飲んでいた、筋トレマニアにとってなくてはならない食材。

 

■高タンパクメニューがたったの650円

松屋のサイトを見てみると『鶏ささみステーキ定食』の栄養成分は以下のとおりだ。

カロリー:951キロカロリー

たんぱく質:54.5グラム

炭水化物:109グラム

脂質:30.2グラム

(松屋公式サイト 鶏ささみステーキ定食栄養成分表から引用)

■肉体のパフォーマンスを高める食事とは

肉体のパフォーマンスを高めるには糖質3:たんぱく質1がベスト言われているが、この鶏ささみステーキ定食は、かなりそれに近い割合で栄養を摂ることができる。

さらに鶏ささみには筋肉の合成に必要不可欠なたんぱく質が豊富だということはもちろん、運動時に有効に働くビタミンB6、鉄分も多い。

バターソースはカロリーが高いものの、冬に乾燥しがちなお肌を保湿してくれる役割もあるという。

(©ニュースサイトしらべぇ)

たんぱく質の量も54.5グラムと、1食で摂取できる量としては申し分ない。これで味さえ良ければ完璧。

さっそく注文した定食を見てみると、野菜や味噌汁、ごはんがついてバランスも良さそうだ。気になる味は…

■高カロリー高タンパクの食事はウェイトアップに最適

(©ニュースサイトしらべぇ)

メインのささみはたっぷりの醤油ベースのオニオンソースがかかっており、食欲がそそられる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ささみといえばパサパサしがちで食べづらい印象だが、こちらは水分を逃がさず焼き上げたジューシーな仕上がりで、味は文句ナシにウマかった。

また、筋肉の量を増やす目安としては、自分の体重の数値×2g(50kgの場合は、50×2g=100g)のたんぱく質の摂取することが良いという通説がある。また、偏り過ぎないよう、他の栄養も摂りながらカロリーも摂らなければならない。

そのため、ある程度のカロリーがあり、高たんぱくの鶏ささみステーキ定食は、ゴリゴリのマッチョになりたい男子にぴったりだといえるだろう。

■工夫すればダイエットにも使えるはず

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみに、松屋は備え付けのソースも豊富なので味変も容易。毎日食べても飽きることなく楽しめるはず。

もし低糖質な食事がしたければ単品で注文し、ソースを少し除けて食べれば低カロリーでいただくことも可能だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ほかにもさらにたんぱく質を摂りたかったら、ささみがダブルになり、たんぱく質も101グラム摂取できる「W定食」にするのがGOOD。

お好みのプロテインをごはんにかけて食べれば、1食で130グラム以上のたんぱく質を摂ることも夢ではない。ガタイをよくしたい男子は、いますぐ松屋へ行くべし!

・合わせて読みたい→辛ラーメンを使用した『嫌儲ラーメン』が激ウマ! 韓国人にも教えたい味

(取材・文/しらべぇ編集部・ふふふふ

松屋から新発売「鶏ささみステーキ定食」は超マッチョになりたい男子に最強の食べ物と判明