日本で唯一の水着業界団体『日本スイムスーツ協会(JSA)』が「JSAキャンペーンガール」オーディションを開催。2018年度のキャンペーンガールに選ばれたのは、21歳の大学生・相沢菜々子。173cmの身長に、クラシックバレエで磨かれたしなやかな身のこなし、そしてよく笑う明るいキャラクターが魅力の期待のモデルだ。

【写真】JSAイメージガール・相沢菜々子のさまざまなポーズ

■JSAキャンペーンガール・相沢菜々子インタビュー

――まずはイメージガール決定おめでとうございます。オーディションではどんなことをアピールしましたか?

「オーディションでは、質疑応答とウォーキング、水着の審査があったんですが、私も5年間水泳をやっていましたし、クラシックバレエを10年間やっていたので、身体の柔らかさを活かして、水着の良さをアピールしたいという想いを伝えました」

――合格という結果を聞いたときはいかがでした?

「自己PRは上手くいったと思うんですけど、審査中は頭が真っ白で…。諦め半分で会場を後にしたので、ビックリしましたし嬉しかったです。マネージャーさんからメールをもらったんですが、信じられなくて、そばにいた母に“これ確認してもらっていい?”ってメールを見てもらったほどでした。3ヵ月前にモデル活動を始めたばかりだったので、いい形でスタートをきることができました」

――モデル活動を始めたきっかけは?

「大学生なので、8月ごろまで就職活動をしていたんですが、その最中に今のマネージャーさんに声をかけていただきました。もともとモデルに興味があったので“このタイミングしか考えられない!”と思って、就活をストップして。この仕事をちゃんとやりたいと思ったので、モデル一本で行こうと思いました」

――モデルにはいつごろから興味があったんですか?

「小さい頃からテレビっ子で、“こんなに綺麗な人がいる世界ってすごいなあ”って憧れをずっと抱いていました。中学の時には身長が173cmあったので、周りから“モデルになりなよ”ってアゲられて、ちょっとその気になってはいたんですけど(笑)。就職活動をしているときも、諦められずにいたという感じですかね」

――どんな人に憧れていましたか?

「世界の舞台で活躍するスーパーモデルが好きで、なかでもヴィクトリアズ・シークレットのモデルのカーリー・クロスさんが大好きです。下着のモデルなんですけど、身体を絞ってあって、女性から見てすごくカッコいいなと憧れていました。動画とかをたくさん見まくっていました(笑)」

――身長はいつごろから伸び始めたんですか?

「中学生のときに、1年で15cmぐらいボーンッて伸びたときがあって、毎日が成長痛みたいな感じでした。入学したときはそんなに背が高くなかったんですけど、段階を踏むんじゃなくてこんなに急に!? あれ?おかしくない?って感じでした。周りが自分より小さい子ばかりのときは、大きいの嫌だなって思うときもあるんですけど、早い段階からモデルに興味を持っていたので、背が高いのを強みに思えたことは良かったと思います」

――水泳も得意だというとことで、水着には縁がありますね。

「水泳は小学校から中学校にかけて習っていて、バタフライまで泳げます! 今でもジムで泳ぐくらい好きですね。だからスイムウエアは自分にとって馴染み深いものです。今年春に、タイのプーケットの島々に旅行に行ったんですが、海が綺麗なところでは水着って映えるなあって思って。その時のことをイメージしながら、今回のキャンペーンガールのオーディションを受けました」

――今後はスイムウエアの良さを広めるキャンペーンの仕事に就きます。

「水着をマネキンが着ているんじゃなくて、私が着ることで良さを伝えていけたらいいなって思います。同性の目線のほうがシビアなので、綺麗に着こなすのはもちろん、着心地も伝えて、多くの女の子に水着の良さを広めていきたいと思っています」

――事務所の先輩には、2017年三愛水着楽園イメージガールの熊江琉唯さん、2017年なぎさイメージガールの鈴菜さんもいます。

「先輩方に続いて、私も活躍していけるように頑張りたいです。タレント活動もしてみたいです! まだまだ精進して、成長しないといけない部分が多々あるので、水着の力をお借りして、もっと自分の事も知ってもらえるように頑張りたいと思います」

――日本スイムスーツ協会では毎年「海の日」にフラッシュモブでのPR活動を行なっています。

「ダンスの腕を磨いておかないといけないですね(笑)。身体の柔らかさと見せ方には自信があるので、頑張ります!」

――モデルデビューしてから心がけていることはありますか?

「姿勢ですね。男女問わず、姿勢が悪い人は魅力的に見えないじゃないですか? 電車のなかで、背中が丸まっている人を良く見かけますが、やっぱり筋肉を使って姿勢を正しくするということは、まずやっておかないといけないと思っています」

――最後に今後の目標を教えてください。

「日本スイムスーツ協会さんが、日本に一つしかない水着の業界団体だということをまだ知らない方も多いと思うので、様々な方法で発信していきたいです。そして、将来的には海外で活動できるモデルになるのが夢です」

■相沢菜々子プロフィール
1996年7月7日生まれ、福岡県出身。
身長173cm B80・W59・H88
特技:クラシックバレエ、英会話、バドミントン、書道、漢字検定5段
趣味:ボウリング、旅行、読書
ツイッター:@nanako_aizawa
インスタグラム:nanako_aizawa
2018年JSA水着キャンペーンガールに選ばれた21歳の大学生・相沢菜々子(C)Deview