米IBMは12月5日(現地時間)、POWER9プロセッサを搭載した次世代のPower Systemsサーバ「IBM Power System AC922」を発表した。AIワークロード向けに設計された新しいPOWER9システムは、ディープ・ラーニング・フレームワークの機械学習時間をx86サーバと比較して4倍近く高速化することができるという。

新しいPOWER9ベースのPower System AC922には、PCI-Express 4.0、次世代のNVIDIA NVLink、OpenCAPIが初めて搭載され、PCI-E 3.0ベースのx86システムに比べて9.5倍データ転送を高速化できるという計算結果が得られたという。

AC922は、Chainer、TensorFlow、Caffeなどの一般的なAIフレームワークとKineticaなどの高速データベースにおけるパフォーマンスの向上を実証すべく設計された。

同社では、需要を満たすべく、4年前、Linux上のデータ処理量の多いAIとディープ・ラーニングのワークロード向けに、制約のないデータ転送、ストリーミング・センサー、アルゴリズムを管理する新しいアーキテクチャーの構築を目指し、ゼロからPOWER9チップの設計に着手したという。
(丸山篤)

画像提供:マイナビニュース