AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を10年ぶりに制した浦和レッズが決戦の地UAEに到着した。チームは12月9日に行われるFIFAクラブワールドカップ準々決勝に備えて準備をする。

【大きい画像を見る】サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images


Jリーグ、そしてアジアのクラブを代表してACLに出場する浦和。DF槙野智章は4日にインスタグラムを更新して「決戦の地へ!!」と、空港での選手たちの様子を投稿した。

そして5日にはアブダビのシェイク・ザイード・グランド・モスクを訪れ、館内を歩く様子などを伝えた。冬の日本から日中の気温が20度台半ばまで上がるUAEへの移動。選手たちの装いも長袖から半袖に変わり、環境の大きな変化が見て取れる。



決戦の前に穏やかな一時を楽しんだ選手たち。槙野の投稿にファンからは「絵になりすぎ、ほんまにかっこい」「これぞ、インスタ映え」「日本から応援してます」「凄くいい表情ですね」「うががめっちゃ笑顔なのジワる」などの声が寄せられている。【ほかの画像を見る】サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images