7球団に絞って面談

 今オフのメジャー移籍を目指す日本ハムの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)に3球団との面談を終えたことを米記者がレポートした。米FOXスポーツの敏腕記者ケン・ローゼンタール氏が伝えている。

 米複数メディアは大谷サイドがジャイアンツ、ドジャース、レンジャーズ、エンゼルス、マリナーズ、カブス、パドレスの7球団に絞って面談を実施しているとレポート。ローゼンタール記者は5日(日本時間6日)にカブス、マリナーズ、レンジャーズとの面談を終え、残るはパドレスのみとなったと伝えた。

 ローゼンタール記者らの速報を受け、MLB最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」なども大谷の現状を詳報している。(Full-Count編集部)

去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】