Image: hurricanehank/Shutterstock.com

いいものは売れる。

Apple(アップル)製品といえば、登場からしばらくは数多くの賞賛と批判を受けるのが常。今年登場した「iPhone X」でも、さまざまな意見が寄せられました。しかし、穿った見方はものともせず、「iPhone Xは、iPhone史上最速ペースで販売されるだろう」という予測が調査会社から発表されましたよ!

9to5Macが紹介している調査会社IHSのアナリストによると、iPhone Xは発売後3週間以内にインストールベース(ユーザーが実際に使用している端末数)ですべてのアクティブなiPhoneの2%を占めているそうです。これは、アメリカにおけるiPhone 8 PlusやiPhone 8、iPhone 7 Plus発売初期の販売ペースと同等。iPhone 7はもう少しペースが早かったそうですが、日本ではiPhone Xの販売はほぼ過去最速ペースを達成しています。さすが、iPhone大好きな日本です。

これにより、iPhone Xは2017年第4四半期(10月〜12月)に8880万台を売り上げ、四半期における最速ペースを達成するだろうと予測してるんです。iPhone Xでは販売価格がかなり上昇しましたが、それでもこれだけの力づよい需要があるんですね。

iPhone Xは発売前には顔認証システム「Face ID」で利用される「TrueDepthカメラ」の生産量不足が心配されましたが、その後モリモリと出荷日が短縮され、今では1〜2週間程度のお届け予定日となっています。これだけ一気に出荷日が短縮されたiPhoneも、近年では珍しいかもしれません。

類を見ない3モデルの同時発売がおこなわれた今年のiPhoneですが、蓋を開けてみればAppleの思惑通りだったのかもしれませんね。

Image: Shutterstock.com
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)