2017年9月、静岡県にある国宝「久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)」の「神庫(しんこ)」に、刀剣8口が未調査のまま納められている事が判明しました。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 この刀剣のうち1口は槍を含むといういずれも秘刀。永い眠りから覚めた刀剣たちは錆びついてしまっており、このままの状態では朽ち果ててしまいます。久能山は山全体が国宝に指定されており、災害被害の修復や維持のために毎年莫大な金額を必要としています。


 今回見つかった刀剣8口を蘇らせるために必要な金額はかなりの額になると見られており、修復に緊急を要する秘刀の修復費の捻出が困難な状況であるとの事。そこで、久能山東照宮に所蔵されている「無銘 光世作 ソハヤノツルキ」をモデルにしたゲーム内キャラクターが登場する人気オンラインゲーム『刀剣乱舞(とうけんらんぶ)』が協力に名乗りを上げました。

 こうして久能山東照宮と『刀剣乱舞』のクラウドファンディングがPARCO運営のBOOSTERでスタートしました。『刀剣乱舞』を開発している株式会社ニトロプラスの小坂社長は、「今回、久能山東照宮で見つかった刀剣が磨かれて、どういった姿を見せてくれるんだろうかとロマンを感じるとともに日頃からお世話になっている刀剣に恩返しをしたいと思っております。」と語っており、イラストレーターでソハヤノツルキをデザインした三輪士郎さんがクラウドファンディングのリターングッズのためにイラストを描きおろし、クラウドファンディングでしか手に入らないグッズの数々を用意しています。



 更に、久能山東照宮・ヴィレッジヴァンガード PARCO内店舗(吉祥寺・津田沼・名古屋・静岡・福岡)・札幌エスタ店(北海道)・仙台ロフト店(仙台)・梅田ロフト店(大阪)の計8店舗にて、2017年12月16日~2018年3月4日の期間、刀剣修復プロジェクトチャリティグッズの販売が決定。

 札幌・仙台・池袋・吉祥寺・津田沼・名古屋・広島・福岡のパルコ各店舗では「刀剣乱舞-ONLINE-」ソハヤノツルキ刀剣修復プロジェクト限定イラストカード配布も予定しておりクラウドファンディングを盛り上げていっています。第1弾は12月9日~、第2弾は2018年1月13日~、第3弾は2月10日~で、パルコ各店インフォメーションにて配布されます。※なくなり次第終了

(C)2015-2017 DMM GAMES/Nitroplus

(梓川みいな)

静岡・久能山東照宮の刀剣修復プロジェクト、『刀剣乱舞』協力のもと始動