ANAは12月24日、千葉県千葉市の「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」にて、本田圭佑選手自身が中心となって実施するチャリティーサッカークリニック「ANA Presents 本田圭佑 SOLTILO Charity Soccer Clinic for Mexico」を共同開催する。

このクリニックは、ANAが8月10日に契約した、メキシコ・CFパチューカの本田選手が所属するマネジメント会社のHONDA ESTILOと本田選手スポンサー契約締結を通じて実施するもの。

メキシコは9月に発生した大地震によって、多くの死傷者が出るほどの多大な損害を受けた。2月15日にメキシコシティ線の直行便を就航し、日本とメキシコ両国の交流に寄与してきたANAと、メキシコを支援したいという本田選手の共通の想いの下、チャリティーを目的としたサッカークリニックの開催を決定。災難の記憶を風化させず、ひとりでも多くの被災者に勇気と希望を届けたことを目指している。

サッカークリニックはANAカード会員が対象。参加者からのマイルを寄付金という形で、幅広い分野から日本とメキシコを繋ぐ日墨協会に全額寄付し、復興支援活動に役立てる。現役アスリートであり、さらには教育者として世界各国で継続して活動を実施している本田選手自身が中心となり、より多くの人を巻き込み日本からメキシコに住む人々へエールを送る。

募集期間は12月7日17:00~12月20日23:59で、募集人数は小学生90人。先着順で受付、家族は一般観覧スペースからの見学となる。必要マイル数は1万マイルで、このマイルを全額寄付する。なお、当日は一般観覧スペースを用意するが、観覧スペースには限りがあるため、入場を制限する場合がある。

画像提供:マイナビニュース