タレントの岡田結実(17)が6日、都内で行われた『ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー2017』授与式に出席。今年は両親であるお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(49)と妻・祐佳(42)の別居および離婚危機が報じられ、いまだ解決していないことについて「バラエティーで芸人さんがイジってくださったときに、笑いに変えられて本当にうれしい。両親から見たらどうなのかなと思いますが、私自身は悲しいできごとと思ってほしくない」と話した。

【写真】ドレス姿の岡田結実&ワンダーウーマンコスプレの新井美羽

 離婚問題についても明るく話し、「『いつでも明るいね』と言ってくれる方が増えているので、うれしい」と笑顔を見せた岡田。父とはしばらく会っていないといい、「テレビで見ると元気そうにやっているなって、逆に親心が出る」と笑わせた。

 岡田は、映画『ワンダーウーマン』のワンダーウーマンのように、圧倒的な活躍をみせた女性に贈る同賞を受賞。「私の名前は“結ぶに実る”と書きます。両親が、努力を怠らずいつか実を結びますようにとつけてくれたので、頑張りが証としていただけて自信になりました」と大喜び。

 活躍した1年を振り返り「周りが目まぐるしく変わっていって、メディアにも出してもらって。お騒がせのようなこともあったけれど、それを含めても私の人生は輝かしい。まだ17歳ですが、今を生きることが楽しいです。芸能界という世界を知ることができてよかった」と目を輝かせた。

 授与式には、『ワンダーウーマン』で主人公の幼少期の声を担当した子役・新井美羽も出席した。
『ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー2017』授与式に出席した岡田結実