【元記事をASCII.jpで読む】

 そろそろ筆者の原稿書き部屋を遠隔からモニターしているネットワークカメラを買い換えようと考えていた矢先に、300万画素フルHD・180度パノラマ・赤外線暗視・動体検知・microSD録画・マイク&スピーカー内蔵で1万4800円という、価格と性能比が抜群の商品が発売されたので速攻で購入した。

 筆者が自室で2013年秋からずっと愛用していたネットワークカメラは、プラネックスの「カメラ一発」(CS-W70HD)だ。

 そして、ほぼ4年後の今月購入したのは、同じプラネックスの「スマカメ180」(CS-QV60F)である。

フルHD・180度パノラマなど機能満載の
ネットワークカメラ「スマカメ180」

 今回紹介するスマカメ180は、極めて多くの特徴を持った、個人から企業まで幅広く使うことのできる便利な機能を搭載した“全部入り”ネットワークカメラだ。

 筆者は現在、自室の窓の外側を監視する目的で、同社の夜間監視、IPX3対応の防雨型「スマカメ・アウトドア」(CS-QR300)をメイン機として使用中だ。

 今回は同じスマカメシリーズということで1つのスマカメ用スマホアプリで2台のスマカメを自由に管理、運用することができるようになった。

 スマカメ180も同社のほかのスマカメやカメラ一発!シリーズのネットワークカメラ同様、ネットワークに不案内でもP2Pで極めて容易な設定作業が共通した特徴だ。

 まずは届いたスマカメ180のパッケージ内容から紹介しよう。同梱物は極めてシンプルで、スマカメ180本体(カメラ本体+スタンド+壁面固定プレート)、専用ACアダプター(microUSBプラグが便利!)、壁面固定用ネジ、かんたん設定ガイド+保証書、録画再生アプリの紹介パンフレット、「スマカメ録画中、作動中」と書かれたデモ・ステッカーの6点だ。

 スマカメ180は本体カメラ部と付属のスタンド、スタンド底面とドッキングしている壁面取り付け用のプレートの3つのパーツからなる。

 筆者は以前、CS-W70HDを取り付けていた部屋のまったく同じ位置に、スマカメ180と別売のマグネット用ウォールマウントキット(CAM-ST03)を組み合わせて取り付ける予定でいる。

 スマカメ180はカメラ本体のレンズの裏側の面に強力なマグネットが仕組まれている。このため専用のマグネット用ウォールマウントキットがなくても、既存の金属壁面やホワイトボード、キャビネットなどに確実に固定できるのが便利な特徴だ。

 ただし、マグネット用ウォールマウントキットを使用することで、スマカメ180を上下左右に少し角度を振ることが可能なので、シビアな向きの設定には便利なオプションだ。

WPSに対応していればルーターとの接続は簡単

 スマカメシリーズもカメラ一発!シリーズも、従来は面倒だったルーターとの接続が超簡単なのがウリだ。

 現在、筆者はASUSの4本アンテナを持つ大袈裟なデザインのWi-Fiルーターを使用しているが、接続方法は同じ。接続手順は、まずスマカメ180背面の「SYNC」ボタン(WPS)を長押し、続いてASUS Wi-Fiルーター背面の「WPS」ボタンを押すだけ。両者は相互に通信しあって自動的に接続される。

 もし運が悪く、イージーなWPS方式で接続できなかった場合でも、付属の「かんたん設定ガイド」にはスマホを介してスマカメ180と貴方のWi-Fiルーターを確実に接続することのできる解説が掲載されているので安心だ。

アプリとのリンクはスマホでQRコードを読み込むだけ

 スマカメ180とWi-Fiルーターが接続されたら、スマカメ180が現在とらえている映像を遠隔地から観るためのP2Pアプリ「PLANEX スマカメ」をダウンロードする。

 Android用、iOS用、Windows用、Mac用、そしてソニーのテレビ「ブラビア」用や「Amazon FireTV」用も無料で提供されている。

 筆者はすでにQR300用としてAndroidスマホとiPhoneの両方にスマカメアプリを導入中なので、今回はアプリの設定のみでスマカメ180は2台目のスマカメとして管理、操作が可能となる。

 新しく仲間に加わったスマカメを使用中のアプリに追加登録するのは極めて簡単だ。アプリの中で「カメラの追加」を選択し、スマカメ180の背面に印刷されたQRコードをスマホで読み込むことでUIDを手入力することなく登録できる。

 続いて、すぐ側に記載されている4桁のパスワードを入力すれば自動登録はすぐに終了する。

 すぐにアプリ左上のカメラアイコンをクリックすると、現在のスマカメアプリで管理、運用しているすべてのスマカメをリスト表示してくれる。

 筆者の場合、2台のスマカメが接続されているが、下の方のスマカメ180を選択(タップ)すれば、すぐに現在スマカメ180がとらえている映像をスマホ上で見ることができる。

 スマホ画面ではじめてスマカメ180の映像を見た時は、魚眼レンズのように多少湾曲して見えるが、実際には観たい場所に2本の指を持っていき、ピンチアウトすることで、ごく平坦な拡大映像を見られる。

 もちろん、左右にフリックすることで拡大したまま見たい方向にスクロールも可能だ。

 目的の場所を見ようとするたびに、ギアのメカで首振りするネットワークカメラよりスピード感があって筆者は好みだ。

 スマカメ180は常時見たい場所はすべて、すでに画面に表示されているところがせっかちな私向きだ。

 後は目的と必要に応じて部分的に拡大、縮小、スクロールを繰り返すだけなので、極めて便利で快適だ。このスッキリ感は視野100度や110度、首振りでそれ以上の視野をサポートしている機種とも大きく快適度が違う。

設定は7項目 大切なのはカメラとアプリの設定

 初期設定を行なったところで、スマカメアプリの概要を簡単に説明しておこう。アプリ画面の右上にあるコントローラーアイコンをクリックすると、スマホアプリで設定、管理、調整できる全項目が表示される。

 「再接続」「カメラ設定」「カメラの追加」「アプリ設定」「マニュアル」「困ったときには」「終了」の7項目だ。

 この中で基本となる重要項目は、2番目のカメラの設定と3番目のアプリの設定の2つだろう。

 カメラの設定では、アプリで管理している複数台のスマカメの基本設定と詳細設定、カメラの削除が行なえる。

 基本設定ではスマカメのパスワードを変更できる。導入したら早い内に最初の本体裏側に記述されている誰もが知ることのできる出荷時パスワード(4桁の数字)をユニークでより機密度の高いパスワードに変更しておこう。

 同時に「スマカメ」という、出荷時既定のカメラ名を自分専用だと分かる個性的なカメラ名に変更しておくと愛着が湧くだろう。

 詳細設定では、ビデオ(動画)の品質設定や設置環境、無線LANの設定、動体検知のオン/オフやその通知方法、microSDへの録画モードの変更などができる。

 また、時刻設定やSDメモリーカードのフォーマット指示、スマカメ本体のLED表示の設定も可能だ。周囲に気づかれないことが目的ならLED表示をオフにすることも有効だ。

動体検知の感度は環境に合わせて決定

 動体検知とその結果によるアクションはスマカメシリーズ全般で重要な設定項目なので、もう少し詳しく紹介したい。

 動体検知のセンシティビティーは「検知なし」のオフ設定から「最高レベル」まで全部で5段階が用意されている。実際に各レベルをテストして感覚を掴んでみることが重要だ。

 何も考えずにうっかり最高位の設定にしてしまうと、極めて頻繁に自分のスマホに「お知らせ」が飛び込んできて面倒だ。

 とはいえ、実際に必要なら最適値を設定する必要があるので、なにより実際に仮設定してみて、そのセンシティビティーを自ら会得することが必要だ。

 通知手段もサイレント(お知らせだけ)、音のみ、振動のみ、音と振動の4種類から選択できるので、自分のいる場所の今の状況から判断して最適の通知方法を選択すればいいだろう。

見たい録画データを迅速に探すなら
有料アプリの導入を検討すべし

 録画モードは、動体検知した場合に「録画しない」「上書きして連続録画」「動体検知と連動して録画」の3つから選択可能だ。

 連続録画を選択すれば、起動している間ずっとSDメモリーカードに記録してくれる。設定で指定すればSDメモリーカードが一杯になれば上書き連続録画もしてくれる。

 しかし、ファイルはタイムスタンプ名の各編5分くらいの動画ファイルの集合となり、事後に目的の箇所を探し出すのにかなり手間がかかる。

 筆者はアプリ設定の中の「スマートプレイバック」という有料アプリ(3000円)を購入して使っているが、極めて便利だ。

 スマートプレイバックを使用すれば、スマホでの録画状態や動体検知のイベントタイミングがビジュアルで見えるので、目的の時間帯に一気にアクセスできる。一回きりの購入アプリなのでお得でおすすめだ。

 スマートプレイバックの効能のわかりやすい例として、昨晩、スマカメ180を設置し、ずっと連続録画設定だったが、今日の朝、動体検知と連動して録画という録画方式に変更してみた。

 偶然、今日のお昼前に意識なく自室の天井灯を消したのだが、筆者のスマカメ180は部屋の照明が急に暗くなったので動体検知を働かせその時点の録画を行なっていた。

 スマカメ180は、動体検知設定をしておけば、イベントとして検知した事実だけを即座に「お知らせ」としてスマホに送ってくる。

 お知らせが届くと、ユーザーはどこにいても、スマカメアプリを起動し、録画ファイルを再生できる。スマートプレイバックの最上段のイベント表示を見て、その部分だけをトレースして見れば何が起こったのか確実に把握が可能なのだ。

ジェルパッドで壁に固定しようとするも
10時間で落下 その様子も録画済み……

 さて、スマカメ180のハードとソフトの設定はこれで一段落だ。最後は、スマカメ180の物理的な取り付け工事だ。

 当初、筆者は現在まで使ってきた「カメラ一発!」(CS-W70HD)を取り外した同じ場所に新しいスマカメ180を取り付けようとして、別売のマグネット用ウォールマウントキットを取り付けたが、間抜けでどうもコンセントの位置から距離がありすぎてテーブルタップを不細工に延長するしか手段がなさそうだった。テーブルタップによる延長が嫌いな筆者は別手段を考えるしかなかった。

 そんな時、以前から我が家で重宝している「FIXATE」(フィクスエイト)と呼ばれる強粘着のジェルパッドを思い出して、今回もマンションの壁紙の上でスマカメ180の壁面固定に使ってみた。

 FIXATEは以前、同じ壁面に重量級の「iPad Pro 12.7」を1時間ほどくっつけることができた強者だ。

 しかし残念ながら今回は約10時間ほどは頑張ったが、朝の5時過ぎに粘着力が尽きて、スマカメ180もろとも床に落下したようだった。

 喜んでいいかどうかは別にして、午前5時9分に粘着力が弱まって、ついに力尽きて午前5時14分に床に落下するまでの一部始終を動作中のスマカメ180は完全に録画していた。

 残念ながらこの時点では、まだ「動体検知と連動して録画」の設定にしておらず、単なる連続録画設定だったので、落下のイベント時刻の特定にかなりの時間が必要だった。

 もし、昨晩から「動体検知と連動して録画」に設定していれば、スマートプレイバックの効果でより早く確実にイベント(事故)時刻を見つけられたのは言うまでもない。

 事故後計測してみたスマカメ180とマグネット用ウォールマウントキットの実測重量は177gあった。思えば、スマホ1個分くらいの重量のモノを10時間以上、粘着性の低そうなマンションの内壁に吸着していたFIXATEの価値を再認識した次第だ。

壁に金属があれば背面マグネットで固定可能

 もっと早く気づくべきだったが、我が家のスマカメ180の「壁面貼り付け作戦」は思わぬ解決策でゴールとなった。

 実は、筆者は自室に復数のギターをぶら下げるために金属メッシュの屏風のようなガードを設置している。

 何の事はない、その端っこにスマカメ180は強力マグネットのパワーでいとも簡単にくっついてしまった。スマカメ180の最終的な設置場所はまだ考え中だが、しばらくはここに仮設置している。

 実は、これが大きなヒントになって、スマカメ180はくっつくところならどこにでも持ち運んで使えることを再認識した。足らないのはACコンセントだけなのだ。

 しかし、自宅に売るほどあまっているUSBモバイルバッテリーを一緒に使えば、家中どこにでも設置可能な“インハウス・モバイル・スマカメ180”となる。

 そして偶然、秋葉原で買ったが今までほとんど出番のなかったUSB Type A―microUSBの直結プラグを思い出した。これを連結器に使えば即座にモバイル・スマカメ180の誕生だ。いろいろな楽しい使い方が浮かんできた。

 スマカメ180は自分で吸着マグネットパワーを持っているので問題ないが、USBモバイルバッテリーは何とかしてやらないとダメだ。

 直結でUSBモバイルバッテリーをスマカメ180にぶら下げることも考えてみたが、大容量の重量級バッテリーでは、スマカメ180に付いているマグネットが少し力不足で可愛そうだった。

 最終的に、アメ横で特売で買った金属壁面に取り付ける背面マグネットの状差しのようなプラスティック箱を利用することにした。

 この箱の中にUSBモバイルバッテリーを収納し、自力で金属面にくっつくことのできるスマカメ180とショートケーブルで接続して電力を供給するイメージだ。

 実際に、この組み合わせを筆者宅の玄関扉の内側に貼り付けたり、冷蔵庫やワンコが急に玄関から飛び出さないように設置してある金属ペットガードにも取り付けて録画や再生をやってみた。予想通りというか、すべてが見事に成功した。

 ちなみに、10000mAhクラスのUSBモバイルバッテリーならスマカメ180は6時間くらいの連続稼働が期待できる。

 また、録画メディアであるmicroSDカードのメーカー動作保証は最大32GBではあるが、実際は64GBのmicroSDカードも使えている。

モバイルルーターとの組み合わせで楽しみ方無限大

 悪ノリで、この組み合わせにモバイルルーターを加えれば楽しさ爆発だが、すでに原稿量はいつもの2倍以上に達しているので、あとは読者の皆さんで実験して楽しんほしい。

 出番の少なかったスパイダーマンが頭の上にスマカメ180を担いで、帰宅した子供に、遠隔から「おかえり~!」って言うのも楽しそうだ!\(^o^)/。

 スマカメ180、今までのネットワークカメラよりかなり味があるぞ!

動体検知からパノラマ撮影まで、超多機能ネットワークカメラ「スマカメ180」を衝動買い