大学と民間企業が連携して設計、建築した「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」(ZEH)(読みは「ぜっち」)のモデル住宅を展示するイベント「エネマネハウス2017」 が、2017年12月2日~17日まで大阪のうめきたサザンパーク(大阪市北区)で行われている。

12月2日には、開会式が行われた。

京大、近大など5チームが参加

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」(ZEH)は、省エネや太陽光発電などで年間の1次エネルギー消費量を正味でゼロにできる住宅だ。「エネマネハウス」では、大学と民間企業が設計、建築したZEHのモデル住宅を展示し、住宅の新たな価値を創出して理解促進、普及啓発を図る。

第3回となる「エネマネハウス2017」のテーマは、「LIFE DESIGN INNOVATION~住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する~」。公募を経た審査で選ばれた、京都大と近畿大、首都大学東京、武庫川女子大学大学院、早稲田大と芝浦工業大のペア、の5チームが参加した。

京大は、伝統的な京の町家にZEHの要件を満たす「ZEHコア」を挿入して改修。近大は既存住宅に「窓辺のカートリッジ」を増築するとともに、既存部分の一部を超高断熱化、その他の部分を半屋外空間の「ルームガーデン」とした。

首都大のモデル住宅では、沖縄や東南アジアなどの蒸し暑い地域を対象とし、通風や日射遮蔽などを考慮した。武庫川女子の「キセカエハウス」は、「クラ(蔵)」と「エン(縁)」の空間を創出し、まるで季節ごとに衣服を着替えるように建具を「キセカエ」できる住まいに。早大&芝工大の改修案では、高断熱の新設壁を既存低断熱壁の内外を縫うように配置するなどし、築40年の工業化住宅の寿命を実質80年以上まで延命させる。

式後、早大&芝工大の学生代表を務める、早大大学院修士2年の女子学生は

「工業化住宅の低断熱壁を断熱補強するのではなく、熱を取得できるものとして活かそうと考えた。住宅の外観は、あまり変わらない。『おばあちゃんの家』をそのまま残しながらも、強力な家を作れる」

とコメント。

「学生の身分で家を建てられる貴重な機会をいただけたと思う。設計で図面を書いたので、施工途中は感動していた」

と振り返った。

省エネというと「我慢」の発想が強いが...

近大チームの学生代表を務める近大大学院修士2年の男子学生は、既存住宅に「カートリッジ」を増築する利点を

「まず、工期を短縮できる。トラックで運べるうえ、早ければ2~3時間で取り付け可能」

と、解説。

「ライフスタイルに合わせ、気軽に付け替えられる。今後もしコストが下がり、大量生産できるようになると、普及しやすくなるのでは」

と話した。

首都大大学院修士1年の男子学生は、

「東南アジアでは、土壌を含めた生活が一般的。私たちのモデル住宅はテラスハウス(横並びの集合住宅)で、屋外空間を近隣住民と共有できるため、良好なコミュニティが生まれる」

と述べた。

「エネマネハウス」がもたらす効果について、エネマネハウス2017事務局の平田陽平氏は

「日本で省エネというと、『我慢』の発想が強いと思う。建物の性能でカバーすれば、快適な生活の質を落とさず省エネできると体感していただくことは普及・啓発につながる」

と説明。

「学生は実際に自分たちで家を作る経験がないと思う。この取り組みを糧に将来、住宅の分野で活躍してほしい」

と語った。

期間最終日の12月17日には、審査員の審査結果と一般投票をもとに優秀賞を発表する表彰式を執り行う。<J-CASTトレンド>

京都大学のZEH「まちや+こあ」