元ブラジル代表FWロナウジーニョが2018年に現役を引退すると表明した。英誌『FourFourTwo』が5日に報じた。

 同誌によると、現在無所属のロナウジーニョは引退後、次のステップとして音楽活動とサッカースクールの運営に注力していく考えを明かした。

「2018年に、正式にフットボールにお別れを告げようと考えている。現役を引退したら、音楽のプロジェクトとフットボールスクールを行うことになる。自分にとって新しいことだし、慣れていかないといけないね」

 また、ロナウジーニョは引退試合にも言及。「僕が今までにプレーしたチームで何試合か引退試合をするかもしれない」と語った。

 ロナウジーニョは現在37歳。ブラジルのグレミオでデビューし、パリ・サンジェルマンを経て2003-04シーズンにバルセロナに加入した。在籍5シーズンでチャンピオンズリーグ優勝やリーガ・エスパニョーラ連覇などを達成し、個人としてもFIFA最優秀選手賞を2004年、2005年に連続で受賞した。

 バルセロナ退団後はミランでプレーし、10-11シーズンにフラメンゴに移籍してブラジル復帰。その後に移籍したアトレチコ・ミネイロではコパ・リベルタドーレス優勝を達成し、史上8人目の欧州&南米王者に輝いた。退団後はケレタロ、フルミネンセと渡り歩き、2015年9月以降は無所属の状態が続いている。

ロナウジーニョが現役引退を表明した [写真]=Anadolu Agency/Getty Images