「伝説級に素晴らしい」ショットの陰で交わされたウッズとキャディーの会話に脚光

 男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(米国)は先のヒーローワールドチャレンジで実戦に戻り、通算8アンダーの9位タイで復帰戦を終えた。往年の姿を彷彿させるショットを見せるなど沸かせたが、PGAツアー公認のゴルフ専門動画サイト「SkratchTV」は、ショットを終えてボールが宙を舞っている間、ウッズがキャディーに対して「何か話でもしてくれよ」と“珍要求”をしていたことをフォーカスしている。

 ファン、選手、そして何よりも本人が待ち望んでいた競技復帰だった。

 日本のエース松山英樹(レクサス)との“共演”や、全盛期のトレードマークである赤シャツ着用、イーグル奪取でガッツポーズなど様々な話題が注目を集めたが、「SkratchTV」はウッズがショットの後に見せたある行動についてスポットライトを当て、本人が真相を明かす様子を伝えた。

 公式ツイッターで公開された動画では、大会中の一幕を紹介。白いキャップ、白いシャツにグレーのパンツを纏ったウッズが、グリーンを狙ってショットを放ち、しばらくボールの行方をじっと見つめると、まだボールが“飛行中”に「ジョイ。何か話でもしてくれよ、ジョイ」と呟く。すると、近くから「ヤード、伸びるな」と言葉が発せられた。残り300ヤード近いショットは見事にグリーンを捉え、その後のロングパットも成功。実況は「ショットの結果は伝説級に素晴らしい」と称えた。

米専門メディアも称賛「ボールが宙を舞っている間、一流の振る舞いを見せた」

 動画には、実況がウッズ本人に真相を直撃する模様も収録。「打った時にニヤニヤしてるじゃないか?」と聞かれたウッズは「本当だね」と白い歯を見せながら答え、「ジョイ、話してくれ、っていうのは?」との問いには「ジョイがボソボソ何か言っているような気がしたんでね。正念場でのショットだったからかな」と冗談めかすように明かした。

 ジョイとは、キャディーを務めたジョー・ラカバ氏の愛称。ラカバ氏が何かを呟いていると感じたウッズは、自分に話をするように促したのだという。

 約9カ月ぶりの復帰に堅くなっても不思議はないが、トッププレーヤーらしい“心のゆとり”に、米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト」は「ウッズはボールが宙を舞っている間、一流の振る舞いを見せた」とその行動を称えている。

 実戦に戻り、完全復活に確かな一歩を歩み出したウッズ。次戦は来年1月に開催されるファーマーズ・インシュアランス・オープンへの出場が見込まれており、メジャーについても歴代優勝者として参戦可能。ファンは、さらに“チャージ”をかけたウッズの姿を待ち望んでいることだろう。

【動画】「一流の振る舞い」と米称賛 SkratchTVが紹介した“ボール飛行中”のウッズの粋な一言が飛び出す瞬間


【動画】「一流の振る舞い」と米称賛 SkratchTVが紹介した“ボール飛行中”のウッズの粋な一言が飛び出す瞬間

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】