健康食品販売会社「ロイヤルフーズ」(東京都品川区)による出資金詐欺事件で、高齢者10人からさらに約7800万円をだまし取ったとして、警視庁生活経済課は6日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で、同社社長原田一弥(63)、同社役員で元妻小野寺朝子(68)両容疑者ら男女8人を再逮捕した。同社は高齢者約1000人から計約60億円を集めていたとみられており、同課が裏付けを進めている。

 同課によると、原田容疑者らは健康食品の売り上げが低迷し、赤字の穴埋めのため集金を開始。「イスラム教徒向けに化粧品を作る。5%の利息を付けて必ず返す」などと出資を募っていた。