【元記事をASCII.jpで読む】

 ごきげんよう! アスキーのグルメ担当、ナベコでございます。みなさん、12月に突入しクリスマスが刻々と迫ってきましたが、ケーキは決めましたか? 余計な話ですが記者は今年31歳になりました。クリスマスは毎年仕事をしています。はい。

 さて、せめてケーキで華やぎが欲しいのですが、私はどちらかというと甘さが濃厚なものがそんなに好きではない。子供のころから「ケーキ買ってあげる」と言われるより「寿司買ってあげる」と言われたほうが大はしゃぎしていました。

 では寿司がケーキだったら?

 そんなの最高じゃないですか。でもまさか。と思っていたら、かっぱ寿司さん、やってくれてましたね。かっぱ寿司では「至極の大桶シリーズ 冬 SUSHI CAKE」を12月6日から1月8日の期間限定で発売。ボリュームはおよそ8名ぶんで、価格は1万800円。完全予約制とのこと。

■海鮮たっぷりのお寿司のケーキとは!!

 寿司好きにはたまらないケーキです。発売は12月6日ですが、いち早くサンプルが手に入ったのでいただきました。

 かっぱ寿司の寿司ケーキは、去年の冬のシーズンからスタートしており今回が2回目。コクが強い北海道産のいくらを使用した「鮮極いくら」500gと、脂がたっぷりとのった大とろ25枚を贅沢に盛りつけた、贅沢な逸品とのこと。サイズは直径約29cm。

 寿司ケーキが届いてわかったことがあります。

 意外にケーキ感なかったかも。

 寿司の桶の中に酢飯とネタがびっしりって、つまりちらし寿司? いやいや、本製品はあくまで「SUSHI CAKE」。見てみると、中央の赤いイクラはまるで採れたての新鮮なイチゴのようですし、花びらのように散りばめられている大トロは砂糖で煮込んだ桃のジュレのよう。そうです、そう思うことにしましょう。イマジネーションが大事です。

 ちなみに、漂ってくる香りも当然ながら海鮮の香り。寿司ですから。いや、みんな寿司大好きなので、編集部でも桶を開けた瞬間に若い面々が集まってきて嬉々としましたよ。いいじゃん、寿司ケーキ!

■イクラがたくさん!イクラ好きにはうれしい

 寿司ケーキの味は? 食べてみました!

 イクラが、写真ではわかりづらかったのですが、桶の底までびっしりと入っているため、かなりのボリュームでした。ちらし寿司はシャリに対してネタが少ないと残念ですが、イクラがたっぷりなのでシャリに対して満足。イクラ好きにとって、しっかりイクラを食べられるのでうれしいはずです。

 イクラは、製品紹介に書かれているように、塩味も強く味が濃厚。大トロは脂がたっぷり乗っています。イクラと大トロの両方が味が濃厚であるため、味がぶつかりあってしまいますが、ワサビも付属品としてもらえるので、合せるとさっぱり食べられました。

 およそ8人前とはありますが、編集部のメンバー6人ほどでペロッと食べてしまいました。ちらし寿司ってたくさん食べられちゃいますものね。寿司ケーキより寿司がいいのではないか、という声も一部から聞こえましたが、寿司を同じボリューム食べるより安くあがるので、価格を考えると満足です。

 寿司はお腹にたまるもの。ケーキは甘いものなので、寿司ケーキはケーキではなかったです。でも見た目がケーキらしくてテンションが上がりました。これはこれでアリなのではないでしょうか。

■スパークリング日本酒をあわせてみた

 クリスマスと言ったらシャンパン。ですが、今回は寿司ケーキなので、炭酸が入って爽快に飲めるスパークリング日本酒が雰囲気に合いそうで、買ってきました。松竹梅白壁蔵のスパークリング日本酒「澪」シリーズの、爽快さが特徴の「澪 DRY」を選びました。購入額は1本(300ml)約450円。

 「澪 DRY」は日本酒にスパークリング仕立てになっていることで、華やかな味わい。私は特に「澪 DRY 甘さ控えめ」が気に入っております。寿司と日本酒スパークリングで祝うクリスマス、というのも風流かもしれませんよ!


■「クリスマス特集」やっています

・アスキー「クリスマス特集」目次ページ

 アスキー読者にぴったりのクリスマスグルメを紹介。コスパ良く、ガッツリ、そしてユニークなチキン・ケーキ・ピザなどの情報を取り上げていきます。


クリスマスに寿司ケーキ! 大満足だけどやはりケーキじゃない