レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの状態に言及。同選手がFIFAクラブワールドカップ UAE 2017に出場する見込みであると明かした。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ベイルは11月28日に行われたフエンラブラダ(3部)とのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦セカンドレグで63日ぶりの公式戦出場を果たした。しかし今月2日のリーガ・エスパニョーラ第14節アスレティック・ビルバオ戦ではベンチ入りメンバーから外れ、コンディション調整に努めている。

 ジダン監督は5日、翌日に控えたドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節(最終節)の公式会見に出席。ベイルについて「まだチームと一緒に練習を行っていないし、様子を見ないといけない」と話し、慎重な姿勢を示した。そのうえで「アブダビには間違いなく行くと思うよ」と続け、FIFAクラブワールドカップ UAE 2017に同選手が出場する見込みであると明かしている。

 すでにCL決勝トーナメント進出を決めているレアル・マドリードは6日にドルトムント戦に臨んだ後、9日にはリーガ・エスパニョーラ第15節でセビージャと対戦。FIFAクラブワールドカップ UAE 2017準決勝は13日の予定で、浦和レッズと対戦する可能性もある。

 昨シーズンのFIFAクラブワールドカップは負傷欠場を余儀なくされたベイル。今シーズンこそはピッチに立つことができるだろうか。

11月28日に実戦復帰を果たしたベイル [写真]=Getty Images