TBS・吉田明世アナウンサーが、6日に放送された「ビビット」(TBS系)で妊娠を報告。司会の国分太一らに祝福された。

 吉田アナは、アシスタントを務める「サンデー・ジャポン」の生放送中、10月29日、そして12月3日と貧血のため途中退席。体調が心配されていたが、その後第一子を妊娠していることがわかった。

 「ビビット」では、昔のビデオをDVDにダビングする店の密着ドキュメントを放送。VTRあけに登場した吉田アナは「みなさん、様々な思いがあってビデオ・ダビング店にいらっしゃる……」とそのプレゼンを始めようとするも、国分から「いや、そんなことより、普通に始めてるけど……おめでとう!」と祝福された。

 「ありがとうございます」と何度も深々とお辞儀した吉田アナは、「春以降にお母さんになる予定です」としながらも、「このたびはお騒がせしてすみませんでした」と今回の件を詫びた。

 現在は、つわりもすっかり落ち着いたという吉田アナ。国分から「座ってやる?」と椅子を差し出されたが、「大丈夫ですしっかり休んでるので、ありがとうございます」と恐縮し、立ったままプレゼンを続けていた。

 また、同番組で紹介された「姑に聞いた!許せない嫁の行動ランキング」というアンケートの中で、「地震があったので嫁の携帯に連絡したら出なかったので、心配のあまり職場に電話すると『つわりで休み』と言われ、そこで第一子の妊娠を知った」というエピソードが披露された。国分から「大丈夫?」と聞かれた吉田アナは、妊娠がわかったあと、義理の母に「一番に報告しましたもちろん!一番に。それはさすがに」と真っ先に知らせたことを明かしていた。