「キングオブコント2012」(TBS系)での優勝以来、バラエティーなど多方面で活躍中のバイきんぐ(小峠英二・西村瑞樹)。最新の単独ライブ(7月14日開催) と初の西村プロデュースによるキャンプを収録したDVD「クローバー」、解散の危機、影響を受けた先輩の言葉などについて語ってくれた。

【写真を見る】楽しさのあまり、小峠も普段はあまり見せない満面の笑顔に!

■ 西村の“キャンプ愛”が満載!

――このDVD「クローバー」には、特典映像として「はじめて2人で西村プロデュースキャンプ」が31分収録されていますね。西村さんプロデュースのキャンプはいかがでしたか?

小峠:西村がキャンプにハマってから、初めて一緒に行きました。面白かったし、(西村が作った)料理がおいしかったです。

西村:荷台で遊んでいる時が、一番テンションが上がりました(笑)。ちょっと危険なことをすると、テンションが上がるんです! 僕の渾身(こんしん)の料理を食べていただいて。あれを食べて「まずい」って言う人はいないですよ!!

小峠:本当においしかったですよ!

西村:今回の特典映像を見ることによって、キャンプをやってみたいと思う人が増えるんじゃないですかね(笑)。これからキャンプを始めたい人の指南書ではないですけど、参考になればいいなと。キャンプは大変だと思われがちですが、全然、敷居は高くないです。ネタはもちろんですが、この特典映像のキャンプも楽しんでほしいですね。

――本編にも大好きなキャンプのネタがありましたね。

西村:僕が演じていたやつとは、絶対一緒にキャンプに行きたくないですね(苦笑)。

――小峠さん、このネタを書かれていかがですか?

小峠:キャンプのネタは、(西村が)キャンプに行き始めてからずっとどこかでやりたいと考えていたんですが、いいのが思い付かなかったんです。今回、いい感じで形になったと思います。

■ テレビでは見られないネタも!

――今回のライブの手応えはいかがですか?

小峠:毎回そうですけど、今回も全部新ネタです。出来はいいと思いますよ。お客さんのウケが良かったのは、「落語」「閉店」ですかね。

西村:毎回、(お客さんに)アンケートを書いてもらっているんですけど、今回は意見がばらけましたね。でも、全体的に良かったと思います。

――西村さんのお薦めのネタはどれですか?

西村:僕は「晩ご飯」ですかね。実際にご飯を食べているんで、食べながら話すのは難しかったです。

■ 単独ライブの位置づけとは…

――ネタは全て小峠さんが考えられているということですが、作る上で苦労したネタはどれですか?

小峠:「キャバクラ」かもしれないですね。頭とオチの部分の設定はパッと思いついたんですが、間の部分をどう膨らますかというのでてこずったかもしれないです。まぁ、なんとか形になりましたけどね。

――年に1回の単独ライブは、お2人にとって思い入れがあると思いますが、どのようなものですか?

小峠:新ネタを発表する場でもありますね。テレビでネタをやる機会も多いので、その時のためのネタをここで作る感じですかね。アンケートの中から反響の良かったものをテレビでやるようにしています。

西村:僕は楽しみでしかないですね。ライブの1カ月前に小峠がネタを上げてくれるので、そこから稽古をする感じです。

■ 長く続ける秘訣(ひけつ)とは?

――「陸海空 地球征服するなんて」(毎週土曜夜9:58-10:59、テレビ朝日系)など、テレビでもいろいろご活躍ですが、今後やってみたいことはありますか?

西村:毎年、言っているんですが、ドラマに出たいですね。どんなジャンルのどんな役でもいいので、ドラマに出たという実績を作りたいです(笑)。

――小峠さんはいかがですか?

小峠:僕、お笑い以外で特にやりたいことは、ないですね。ドラマはオファーがくれば出させていただきますが、お笑いができるっていうのが一番ですね。それはずっと変わらないと思います。

――結成から20年以上たちますが、長く続けられる秘訣は何ですか?

小峠:解散の話が出たことも何回かあるんですけど、お互いのタイミングがうまくずれていたというのもあるかもしれませんね。たとえば僕が「解散しよう」といった時は西村がまだやる気だったり、西村が言った時は僕がまだやる気だったり…。今後、2人とも「解散したい」と思ったタイミングが同じだったら、解散すると思いますね。

西村:うーん、どうなんですかね…。

小峠:多分、僕が全部言ったから、言うことないと思います(笑)。

西村:でも、そんな気がします(笑)。小峠の笑いにストイックなところは尊敬しますね。

■ にゃんこスター・スーパー3助は“小峠ファミリー”

――お2人は「キングオブコント2012」でブレイクされましたが、今年の「キングオブコント」はいかがでしたか?

小峠:優勝したかまいたちもめちゃくちゃ面白かったんですけど、準優勝したにゃんこスターも良かったですね。スーパー3助と僕はずっと仲が良くて、まさかああいう感じになるとは思っていなかったので、びっくりしました。

西村:あいつは“小峠ファミリー”ですからね。

小峠:そうですね。ずっと仲いいですね。

――“小峠ファミリー”は他に誰がいらっしゃいますか?

小峠:虹の黄昏・野沢ダイブ禁止っていう、悪魔のような男がいるんです。

西村:あいつも、そろそろテレビに出ると思います!

小峠:いや、あいつは出ないよ(苦笑)。

――最後に、この業界に入ってから影響を受けた先輩方を教えてください。

小峠:僕は(千原)ジュニアさんと仲良くさせていただいているんですが、あの方はお笑いのことをすごく考えていらっしゃいますね。前に1回、収録でジュニアさんの調子があまり良くない時があったんです。収録後に、兄弟で毎月やられている「チハラトーク」があって、それが終わった後に「もし、今日、『チハラトーク』がだめだったら、お笑いやめなあかんなくらいに思っていた」とおっしゃったんです。その時に、「すごい所でやっていらっしゃるな」と思いましたね。やっぱりそれくらいの覚悟でお笑いをやらないと、だめなんだなというか…。

たぶん、収録がだめだったといっても、僕らから見たらそんなにだめじゃなかったと思うんです。あの人の中で、だめなだけであって。たぶん、全体的にみるとあの方は面白かったんだと思うんです! その話を聞いた時に、「もっと頑張らなきゃ!」と思いましたね。

西村:さまぁ~ずの三村(マサカズ)さんに、何かの打ち上げでご一緒させてもらった時に、「暇あるんだったら、おまえみたいなやつは家に居るなよ。何も生まれないから。何かやっとけ!」って言われたんです。で、船舶の免許を取ったり、キャンプなどいろいろ始めたりしたんです。キャンプは仕事につながったりしているんで、あの時、三村さんに言われたことをやってきて良かったと思いましたね。三村さんのあの言葉は大きかったと思います!(ザテレビジョン)

バラエティーなど多方面で活躍中のバイきんぐ・小峠英二(左)と西村瑞樹(右)の単独ライブDVDが発売中!