6日の東京株式市場では、日経平均株価の終値が前日比445円34銭安の2万2177円04銭と3日続落した。下げ幅は今年最大で、2016年11月の米大統領選の開票当日に919円下落して以来の大幅な値下がり。米国など海外の株安や外国為替市場での円高を受けた売りが継続し、下げ幅は一時、500円を超えた。